健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

ビジネス

事務仕事で疲れないコツは◯◯の移動を最小化すること

今日は久しぶりにガチめの事務仕事をしました。 トップスピードで進める事務仕事はもはや、脳トレですね。 ワーキングメモリーが鍛えられている感じがします。 しかし、1時間もしたら後頭部が痛くなってきてしまいました。 これはおそらく目の酷使によるもの…

マルチタスクの話を大きくまとめてみる

マルチタスクについて マルチタスク批判をいくつか耳にしたので、私の意見をまとめてみます。 マルチタスクについて 先に結論 それぞれみていこう 最小単位では 秒~時間単位では もっと大きな時間オーダーでは 最大単位では まとめ 先に結論 私が言いたいの…

成長したければ、恥をかくのが一番はやい

自分の言ってるコミュニケーションってのは現場なら「わかんないけどとりあえずやってみます」ができるってこと事務なら「それはこういう理解で間違いないですか?」が言えるということバカに限って謎のプライドでこれができないように見受けられるというわ…

「悪気はないから」だって?それが一番最悪だっての。

「あのひと、悪気はないから・・・」 悪気がないのが数あるパターンの中で最悪だ。 悪気がないということは、自分の行為がどういう風に取られるかがわかっていないということ。 どういう効果を持つかがわかっていないということ。 つまり、客観性を持ち合わ…

「軽んじられた」なら、その事実をグッと全身に受け入れる

「話を聞く」ことと「舐められずに主導権を取る」ことを、対立的にとらえている人がいる。 つまり、「偉そうにしゃべっている方が上で、はいはいと聞いている方が下」という世界観だ。 しかしこの2つが対立関係にある限りは、低レベルの関係性だと言わざる…

「意志の力任せ」という怠慢

自分の仕事の流れが止まってしまったとき。 かけたくない謝罪の電話。なかったことにしたい赤字必至の案件。 流れを取り戻すには、決断するしかない。 兎にも角にもコールを鳴らすでも、無視を決め込んで他の仕事をする、でもこの際いい。 フリーズするより…

『マルチタスクな態度とは』 タスクを無くすのではなく、重要度をフラットに整える

マルチタスクな態度とは、締切を「余裕で」守ることだ。 締切に間に合わないのは論外として、 締切が迫ってきた状態のいうのは 優先順位リストの各重要度がフラットな状態からかけ離れ、強く偏った状態である。 その締切が迫っている仕事ばかりを優先してこ…

マスクをはずすかどうか問題

お客様や取引先の前で、マスクをつけたままは失礼なのかどうか。微妙なラインだと思う。 私は理屈でいえばマスクはとらなくてokだと考えている。 風邪ならマスクをとらないのは相手を思ってのことであるし、 花粉症なら、花粉症を経験したことがある人なら誰…