健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

カーボドリンクは必要ない?食事で代用が効く?【粉飴がおすすめですよ】

2019/08/11 過去記事リライト

カーボドリンクは必要ない?食事で代用が効く?【粉飴がおすすめですよ】

ドラッグストアや Amazon でプロテインを探したことのあるかた

きっと「筋トレを始めてイイカラダになろう!」とか「美容にも健康にもタンパク質が大事と聞いたよ!」みたいな感じですよね。大正解ですすばらしい。

そのとき、やたら炭水化物の多いプロテインが気になりませんでした?

タンパク質10gに対して、炭水化物30gとか。

あるいは、ほぼ100% 炭水化物のパウダーとか。「何なのコレ?意味ある?」って思いませんでした?

 実はそれらは「ウエイトゲイナー」、もしくは「カーボドリンク」と呼ばれるものなんです。

ウエイトゲイナーはプロテインに糖質がたくさん入っているもので、カーボドリンクは糖質だけのパウダーです。

私も筋トレ初心者・プロテイン初心者のころはめっちゃ疑問に思いましたよ。

いや炭水化物はフツーにご飯から摂ればいいじゃん!タンパク質をたくさん摂るのが大変だからこそのプロテインだろ?イミフ

って感じで、めちゃくちゃバカにしてました。

日本人の普通の食事って「ちょっとのおかずで、ごはんをたくさん食べる」っていうスタイルじゃないですか。

「ステーキどん!にちょろっと野菜の付け合せ」みたいな食事めったにないですからね。うどん+おにぎりとか。とにかく炭水化物メインです。

また情弱狙いの商品か?炭水化物でかさ増し乙

とか、思ってましたね(笑)

でもコレただ私が無知なだっただけで、全然そんな悪い意図の商品ではないんです😅

この記事では、よくわかってないくせに上から目線だった私が、いかにしてカーボドリンクの有用性に気がついたか、 そして試行錯誤の末にたどり着いた私のおすすめのカーボドリンク商品について、ご紹介したいと思います。

プロテインだけで体重が増えた最初の3ヶ月

プロテインだけで体重が増えた最初の3ヶ月

どうも。ガリガリ体型出身トレーニーのサカトです。

私は筋トレを始めた当初、プロテインを食事に追加しただけで10kgほど体重が一気に増えました。

けっこう、すごいことですよね。

まじで、めちゃくちゃ楽しかったですよ(笑)

それまで人生で一度たりとも太れたことがなかったので。

テンションMAXでしたし「まじプロテイン神やな・・・!」としみじみ思いました。

今思うとホントにアホ丸出しなんですが

オイオイこのペースで行くと1年後にはバケモンみたいな身体になるんちゃうか!?

ってけっこう思ってましたね・・・😂

それくらい最初は成長の勢いがすごかったんです(言い訳)

きっとこれ、ガリガリ系筋トレ初心者あるあるでしょうね(笑)

ところが、もちろんそう順調には進みません。

それ以降は体重が笑えるくらいピタッと停滞しまして。その原因はカロリー不足です。

カロリー不足では、筋肉は増えません

これも初心者あるあるだと思うのですが、最初は「カロリー不足で成長が停滞する」という発想が案外出てきません。

私が当時考えたことは多分こんな感じだったかな 👇

  • 「トレーニングの質が低いのかな?頻度がまちがってるのかな?」
  • 「タンパク質がまだ足りないのかな?」
  • 「栄養を吸収できてないのかな?それかビタミンが不足してるとか・・・」

こんなことを考えながらいろいろ調べたような気がします。

それはそれですごく勉強になって良いんですが、結局のところ停滞の原因は超シンプルで「総体カロリー不足」でした。

トータルのカロリーが足りないため、身体がエネルギー節約のため筋肉を大きくしようとしない状態です。

そのことがわかってから、いろいろな試行錯誤が始まりました。

プロテインのジュース割り

当時の私は少食なので、そもそもご飯をたくさん食べたりはできなかったです(今ではかなり食べられます)。

ですから、いろいろ考えました。

プロテインをカロリーのない水じゃなくて、ハイカロリーのジュースに溶かして飲めばいいじゃないか!

と思いつきました。

コーラは炭酸が邪魔でシェイクが難しいので、野菜ジュースを採用です。ビタミンもついてきて一石二鳥。

野菜ジュースプロテインは、かなり味が濃くて若干飲みにくいものの・・・なかなか美味しく飲めました。上等です。

全然アリなやりかたではあるんですが、どうしてもダマになってしまうんですね。溶けにくい。

ダマになるのはなかなか嫌なもので、気がつけば水と野菜ジュース半々でシェイクしていました。

このやり方はちょっと、管理が面倒くさい。その手間がだんだん嫌になってきて、やめてしまいました。

また、当時は知識が足りずわかってませんでしたが、野菜ジュース割りはあまり身体によくない。なぜなら果糖が大量に含まれるからです。

どちらの観点からも、実際はあまりうまくない方法といえそうです。

ハイカロリーなジャンクフードを一緒に食べる

次に、あえてハイカロリーなジャンクフードをプロテインと一緒に食べるという方法を試してみました。

ポテチ・チョコレート・アイス・菓子パンなどです。

このときは完全に健康度外視。バルクアップのために振り切った行動ですね(笑)

今にして思うと、これはいわゆるダーティバルクです。

結果をいうと、この方法はたいへん効果ありでした!

かなり嫌な言い方になってしまうかもですが、やはりデブな方がよく食べているものの「太らすパワー」はスゴイ・・・!

「世の中はなるべくしてこうなっているのだな・・・」なんて謎の納得感がありました。

上記4つは、やっぱり特にすごかったです。ちょっと食べただけでえげつないカロリーになる。

この方法で停滞を破り、さらに5kgくらい増えたのだったかなと記憶しています。

また、具体的に私が特に多く利用したのは「ピーナッツバターの菓子パン」でした。

安いし、うまいし、500キロカロリー近くぶっこめるし、運転しながらでも食べられるし。

特に若くて代謝がいい男性だと「どうしても体重が増えない!」ということもあると思います。

そのときは、コンビニで「ピーナッツバターの菓子パン」を買って、間食に1本平らげてみてください。

体重の停滞を破れることを保証しますよ!

買ったパンとかすべてにピーナツバターを塗って食べるのもアリ 👇

はまる人ははまるでしょうね。私はかなり好き。

>> スマッカーズ ナチュラルクリーミー ピーナッツバター | Amazon

・・・とはいえ、これはあくまでダーティバルクです。

脂質にたよったカロリーですから、言うたら筋肉と一緒に無駄な脂肪がついちゃうってことで、ボティメイク的にも健康的にも最終的には正解のやり方とは言えません。

登るところまで登ったら役目を終えるハシゴだと思って、取り入れてみてくださいね。

思わぬ障害!歯列矯正でワイヤーが邪魔

ジャンクフードでカロリーを確保するのはなかなかいいやり方で、順調に体重は増えていたのですが途中で問題が発生しました。

かなりマニアックな話になってしまうので、ニーズがあまりないかなと思いますが・・・歯列矯正を始めまして。

「スポーツパフォーマンス向上するかな?」なんて期待も含みつつ、エイヤで始めたものですからタイミングも何も考えておりませんでした。

というか、適切なタイミングなんて考えてたら多分一生やりませんね。

この先の未来、男が矯正するのも一般的になっていくだろうし、ちょっと先手を打っておこうかなみたいな打算もありつつ、始めたんです。

するとですね、とにかく驚くほどにワイヤーに食べ物が引っかかるんですよ。

食後にはワイヤーとブラケットと歯の間の隙間、すべてが食べ物で埋まっている感じです(笑)

水でゆすいだり、爪楊枝をつかっても・・・ある程度しかのきませんね。普通の人の10倍は食べカスまみれになると考えてもらえたらいいかなと😂

それで、間食に菓子パンを食べるのが嫌になっちゃたんです。頻繁に歯を磨いたりできないし。

そこで、調べ直して再発見したのがカーボドリンクだったんですね。

「あっそうか、こういう場合に役に立つんだ」って思いました。

カーボドリンクの有用性

カーボドリンクの有用性

カーボパウダーを持ち運べば、プロテインに混ぜて飲むことができます。

  • 溶けやすくダマにならない
  • ほのかな甘味をプラスするので邪魔をしすぎず、ほどよく美味しくなる
  • 食べカスで汚れない

カーボドリンクは、全ての問題点を解決してくれています。

プロテインを、プロテインに糖質を添加したウエイトゲイナーに置き換えるのも良しです。

ただ、ウエイトゲイナーだと炭水化物とタンパク質それぞれの量のコントロールができませんし、個別で摂るよりコスパが悪くなりがちなので、私はプロテイン+カーボドリンクをおすすめしています。

ウェイトゲイナーについて詳しくは >> ザバス「ウェイトアッププロテイン」は効果あるのか?【コスパも比較検証】 にて、詳しく解説していますので確認してみてください。

さて、上記記事でも書いていますが、私がおすすめするカーボドリンクは「粉飴」です。

>> H+Bライフサイエンス 粉飴顆粒 1kg | Amazon

粉飴に関して私が特におどろいたのは「ほとんど味がないこと」でした。

炭水化物(糖質)のパウダーだから、絶対に甘いものだと思いこんでいたんです。

ところが、ほんのり甘いだけ。

この使い勝手の良さわかりますか?プロテインのどんな味にでも合わせれるってことです。

甘すぎるのが嫌なタイプなので、とても嬉しかったですね。神やん!と思いました。

また、粉飴に以外にもカーボパウダーはいくつもありますので、いろいろ検討してみるのもアリです。

私自身は実際に粉飴を使っているし、人におすすめもしています。詳しくは下記記事からどうぞ 👇

>> マルトデキストリンのおすすめは【別名の商品が正解】

カーボドリンクのあとがき

カーボドリンクのあとがき

この記事では、カーボドリンクをバルクアップに使う方法を紹介しました。

しかし、一般的にはカーボドリンクはワークアウトドリンクとして使われます!

トレーニング中や、トレーニング後の糖質の補給ですね。

吸収が早く、消化器官に負担が少ないので、ハードなトレーニング後に好まれるわけです。

でも、この記事で書いたように、体重を増やすバルクアップにも非常に有効に使えます。

筋肉が増えて代謝が上がると、必要なカロリーもどんどん増えていきます。

昔の私と同様に少食な方は、粉飴をうまく活用して体重を増やすといいですね😌

健闘を祈ります!

>> H+Bライフサイエンス 粉飴顆粒 1kg | Amazon