時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

【筋トレ】カーボドリンク 雑感と考察 「カーボドリンクは不要?」

  
 
毎日継続して飲むなら、味が一番重要
 
   H+Bライフサイエンス 粉飴顆粒 1kg
  筋トレを始めようと考えて、いろいろ調べてたとき。
 初めはカーボドリンクなんてまったく必要ないと思った
 食事で不足するのはあくまでタンパク質であって、糖質はおいしくいくらでもとれる
 カーボドリンクの代用は、パンでも、ご飯でも、うどんでも、ラーメンでも良い。
 プロテインならわかるけど、わざわざ食事以外の炭水化物にお金を使う意味って何?って感じだった。
 カーボドリンクを飲むなんてお金の無駄だ、と。
 そう考えていた。
 そして実際プロテインと食事で、バルクアップに成功した。
  
しかし、ある程度成長したところで成長がピタリとストップした。
 いろいろと試行錯誤した結果、主な原因はカロリー不足だとわかった。
 食事では炭水化物を多く摂ろうと、すでにがんばってはいた。
 それでも、筋量が増えたことにより、カロリー不足になっていたのだ。
 とは言っても、少食なのにこれ以上食事で頑張るのは厳しい。
 であるならば、間食のプロテインシェイクと共にカロリーを体に入れようと決意する。
 まずはプロテインを水じゃないものに溶かせばいいじゃないかと気づく。
 それこそコーラでもいいし、野菜ジュースなんてハイカロリーに+αのビタミンまでついてくるじゃないか・・・。
 しばらくジュースプロテインを試す。
 しかし・・・ 
 プロテインはジュース割りは、溶けにくい
ダマが残ってしまう。
 
結局これを解消するために、気づけばいくらか水で割って飲むことになっていた。
しかしこれは手間だ…面倒くさい。
今までの持ち物にジュースが加わるだけでも面倒くさいのに、ジュースを水で割っていい塩梅にしてからシェイクする・・・なんてのに嫌気がさしてきた。
 
さらに気に入らない点を言うと、味が混ざって美味しくない。
プロテインパウダー自体の味とぶつかって、甘すぎる。単純にまずい
プレーンのプロテインパウダーを試して見たが、それも無味というわけではないので、乳臭い感じが混ざってこれまたまずい…
 
結局プロテインのジュース割りはだんだん嫌になってやめてしまった。
 継続できなければ意味がない。
  
次に、プロテインと同時に菓子パンやポテチなどハイカロリーなものを食べることにした
 それで特に問題はなかった。
 ハイカロリーなものはどれも美味しく、さらに安い。
 ただ、コンスタントに続けていくにあたっては、食材を毎回調達しなければならなくて、ややめんどうくさく、スキップしてしまうことも多々。
 ジュースのときと同様、これも持ち運ぶのが大変だ。
 でも確かにこれは悪い手段ではない。ちゃんと体重も増え、結果が出た。
 このままこのやり方を続けていこうと思っていた。
   
しかし、ここで新たな問題が発生した。
 問題というか、自分の意志でそうしているわけだが、歯列矯正を始めてしまった
 経験のある人はわかると思うが、
 痛くてまともに噛めない時期も多く、
 ワイヤーに食べ物が引っかかって見た目にみっともないため、あまり日中にはものを食べたくない。
 食べるたび、歯みがきしなければ気持ち悪くて仕事にならない。
 特にパンはひっつくし、飲み込みにくく、特に食べたくないものの1つとなってしまった。
 ここでしばらくジャンクフードセットもお休みとなる。
 そうしてしばらくすると、また体重が落ちてきてしまった。
 いつもの食事も食べにくいものだから、余計に食が進みにくく、当然のことながらカロリー不足になってきていたのだ。
 ここまでの問題点を整理しよう。
 
・カロリー不足を克服するため炭水化物を多く摂る必要があったが、少食で食事からは難しかった。
・ジュース+プロテインでは味が悪く、また準備が面倒臭かった。
(あれ、ジュースはプロテインとは別に普通に飲めば良かったのでは・・・?まぁ飲むの大変か。それにフルーツジュースは身体に悪い!(後日談))
・お菓子を食べるのは悪くなかったが、矯正開始によりそれすらストレスに。
  
そこで考え、試して見たのが粉飴だ。
 カーボドリンクである。
 試してみると、これは非常に優秀だった。
 まず、粉飴にはなんと味がない(私にとってはものすごく意外だった)。
 味なしの糖質パウダーなのだ。
 ジュースで飲む方法と違い、プロテインの味と一切ぶつからずにシェイクを飲むことができる
 継続的にトレーニングしている人はわかると思うが、プロテインの味はとてつもなく大事だ。
 青汁のCMでもよく言っているではないか。まずいものは続かない。 
 これで継続できる可能性が増した。
  
パウダーだからプロテインパウダーと一緒に携帯できる。
 ジュースやお菓子と違って、めんどう臭くないのだ。
 パウダーは腐らず、かさばらない。
 大量の買い置きもできる。
 どの方法と比べても、もっともスマートである。
 
・少食でも飲みものなら問題ない
・味がないからプロテインに混ぜて飲める
・パウダーだから持ち運びもラク
 
すべての問題をクリアしたのである。
 さらに追記すると、マルトデキストリンはジュースや野菜ジュースと違って、「糖化」を起こしにくい。
糖化は老化の一種と言われていて、まぁとにかく何もいいことがない避けるべきものだ(気になる方は調べて下さい)。
問題は果糖で、これはブドウ糖の(確か)数百倍糖化を起こしやすい。
ポイントは「砂糖=ブドウ糖+果糖」というところで、砂糖も同様にアウトである。
ジュースの果糖ブドウ糖液糖は果糖と砂糖であった最悪であり、野菜ジュースやフルーツジュースは食物繊維など良いところをカットして果糖などの悪いところだけを凝縮して、さらに砂糖を添加したようなかなり粗悪なものが多い。
 
マルトデキストリンはブドウ糖なので、糖のなかでは糖化の害の少ないものであり、最もヘルシーな糖だと言える。
 
どの観点からみても、粉飴(マルトデキストリン)が合理的だと考えるが、いかがだろうか。
 言い忘れていたが、値段も安い!
下記リンクから値段を確認して欲しい。
 
※ちなみに本来、粉飴はワークアウトドリンクとして飲まれるものである。
トレ前中後などに、BCAAやEAAなどと一緒に飲んだりするのが一般的な使い方だ。
そちらの詳細は他でいくらでも書かれているだろうから当記事では触れない。
 
 私はもう、たとえ矯正が終わってもこれを活用していくだろうと思う。
 しばらくマストで粉飴を活用していくことになりそうだ。
 
ただし!粉飴をシェイクするとすごいスピードで腐るからすぐに飲みきること!
 
粉飴を教えてくれたYouTuberのコアラ子嵐さんに感謝
欲しいと思ったら下記リンクからどうぞ
 
 
 

粉飴より更に吸収速度を高め、お腹が重くならないことを追求した商品が、このCCDだ。

 

 

要はこれもマルトデキストリンなのだが、独自技術で吸収スピードを 上げている。

ワークアウトドリンク用途で、更にお金に余裕があるならこちらの商品のほうが質は高い。

 

 

プロテイン推しの記事もどうぞ
 

 

矯正のくだりはこちら