時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

【実体験】プロテインを飲んだ後に体がだるくなる問題【対処法】

プロテインを飲んだ後に体がだるくなることがある。
この現象を防ぐ方法が何かないだろうか。
 確証はないが、空きっ腹にプロテインを飲んだときにこうなることが多いように思う。
 血糖の急速な上昇だけでなく、血中アミノ酸濃度の急上昇も体調を損ねるのか。
 それとも消化吸収の準備がまったくできていないところにドカッと急速に飲食物が入ってくることでこうなるのか。
 「いきなりプールに飛び込んではいけません」みたいな。
 飲み物であるから、食べ物よりも圧倒的に速く多く摂取することができるわけだから、体の負担は大きいということだろうか。
プロテインを飲む前にサラダを食べれば理想だろうな 笑
しっかり噛んでいるその間に体が消化吸収の準備をできる。
しかしゆっくり食事をする暇がないからプロテインを飲むのであって、それでは本末転倒だ。
現実的にはバナナをセットにするなんてのが、効果があるかもしれない。
「プロテインは栄養がありすぎるからもぐもぐ噛みながら飲め」という人もいる。
消化酵素の分泌など、咀嚼によって身体が消化準備をスタートするのかもしれない。
空きっ腹にしない工夫。
ちょっと試してみようと思う。
 
追記:2018/11/10
現在では、血中アミノ酸の上昇でどうこう、という感じはない。
日中にだるくなることはほとんどなくなってしまった。 
でもプロテインと一緒に例えばオートミールやおにぎりを食べたほうが、身体の負担が軽くなっている感じはするが。
今でも、朝起きてあまりにも早いタイミングでプロテインを飲むと気持ち悪くなることはある
なので、朝イチのプロテインは少し控えめな量(タンパク質で20g程度)を飲むか、やや遅いタイミング(起床後1時間くらいかな)で飲むようにしている。
これも結局はほとんど慣れで解決してしまった。
「何かを使って解決した」ということにはならなかった。
初めてプロテインを飲む場合は、やはりいろいろと不具合はでるものなのだろう。
なにせ身体からしたら、そんな高用量で吸収の早いタンパク質を摂ることなどまずないわけだから。
少しづつ導入していきつつ様子をみてみる。
面倒くさく根気がいることだが「しばらくやってみる」というのも大切なことだ。
 
プロテイン初心者が読むとためになりそうな記事をいくつか書いています。
プロテインをどうやって携帯するかで悩んでいる人は絶対読んでみて。