時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

肉体疲労の弾性限度

 
 
疲れてエンジンがかからないまま続ける仕事は、その間何も得るものがない。
 
 
 
さて、なんでもそうだが、難しいのは最初のとっかかりの部分である。
 
仕事のとっかかりでもたつくといつまでたっても仕事が始まらない。
 
 
 
「とりあえず一服してから」
 
「メールチェックしてから」
 
「コーヒーを淹れてから」
 
「段取りを考えてから」
 
 
 
トロくさい人のパターンは決まっている。
 
 
多少考えなしでも勢いよく仕事を始めたほうが、いいリズムが生まれて良い。
 
 
 
 
しかし、いつまでも勢い一辺倒で進み続けるのはこれまたよくない。
 
当然ミスや無駄がでるし、身体を使う仕事なら肉体的限界がきてしまう。
 
一度肉体的疲労のK点超えをしてしまうと、その後どうケアしても一日では回復仕切らない。
 
金属の変形と同じで、ある負荷ラインを越えると元の形に戻らなくなってしまう。
 
あるラインを超えないように調整しなければならない。
 
一度超えてしまえば、徹夜状態よろしく
 
そこからはただただ単純作業をこなすだけの無機的な仕事となる。
 
 
 
 
勢いのまだある状態のうちに、休憩を入れるなり、立ち止まって段取りを再考したりするといい。
 
そこでまた、考え過ぎでフットワークが重くなる気配が出てきたら
 
考えなしに勢い任せで始めてしまえばいい。