時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

朝に海塩を摂る

塩分に関して。

 

塩分のとりすぎが不健康だという考えが常識となっているが、

 

夏場は逆に発汗による塩分不足が起こり

 

塩分不足からくる脱水症状の注意喚起がなされる。

 

夏場に限らず、塩分不足による不調が実は多いと指摘する方も存在する。

 

 

私の経験で言っても、塩分不足のほうが弊害が大きいという実感がある。

 

体質にもよるのだろうが、私の場合は塩分が不足すると

 

倦怠感があるし、やる気も食欲も出ない。

 

しっかりと塩を摂取することで、特に食欲が非常に増すというのが経験則としてある。

 

 

 

自分のライフスタイルから考えてみると

 

塩分が特に不足しがちな時間帯というものがある。

 

昼や夜は普通の食事を摂るので、塩分が不足することはまずないだろうが

 

私は朝食を摂らないので、朝~昼食までの時間にかけて塩分をまったく摂らないということになりがちだ。

 

朝食を摂らないといってもプロテインやサプリは飲むわけだが、

 

考えてみればまともに塩分を摂ることがない。

 

普通に朝食を食べれば、味噌汁やソーセージなんかでがっつり塩分がとれるのだが。

 

そのまま塩分を摂ることなく、間食のプロテインだけで昼を迎えるのでは

 

夕食からカウントすれば半日以上塩分を摂っていないことになる。

 

これでは朝の倦怠感や胃腸の不調が起こるのも無理はないだろう。

 

 

 

そこで朝に限り、海塩を数g摂るという方法を採用している。

 

これはデイヴ・アスプリー氏の方法でもある。

 

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

 

 

 

さらに、それでも心理的に塩分過多が心配であるというのなら

 

カリウムを同時に摂取すれば、余計な塩分は排泄されることとなりよりオススメだ。

 

参照 コラム2

バルクアップのためのTIPS Part 17|バルクアップ|コラム|【バーサーカー】

 

 

 

まとめると

 

塩分が不足しがちな朝というタイミングにのみ

 

できるだけ自然なミネラル配合が生きている海塩を数g摂取。

 

同時にカリウム豊富なバナナを食べ

 

プロテイン(とサプリ)を飲む。

 

というのが私の現在の方法論である。

 

朝イチに水を飲むのは前提として話をした。

 

 

海の精 海の精ほししお 240g

海の精 海の精ほししお 240g