時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

季節の変わり目のイライラ対策

 

 

ここしばらく、どうにも気が立ってしょうがなかった。

 

 

 

そもそも花粉によるアレルギーもあるし、季節の変わり目には仕方がないことだとこの状態を受け入れつつも

 

何か解決法なり、問題の隠れた原因があるのではないかと軽くアンテナをはっていた。

 

 

 

パントテン酸粉末を水に溶かして飲んでいるわけだが

 

sakato0927.hatenablog.com

 

 

使っているのはナウ社パントテン酸である。

 

 

NOW Foods - パントテン酸 500 mg。250カプセル

NOW Foods - パントテン酸 500 mg。250カプセル

 

 

 

 

この商品の栄養成分表になんとなく目をやると

 

パントテン酸のほかにカルシウムが1カプセル/45mgと書かれている。

 

パントテン酸とカルシウムの結合物質のパウダーだから)

 

なんとなくそのとき「カルシウムが過剰になってたりして」と思ったのだ。

 

 

 

 

ミネラルというのはそれぞれ「対」となるミネラルが存在する。

 

 

 

 

ナトリウムとカリウム

 

塩分(ナトリウム)を摂り過ぎたら、カリウムを摂ればバランスがとれることは以前に書いた。 

sakato0927.hatenablog.com

 

 

 

 

 

亜鉛と銅。

 

亜鉛サプリメントには必ず銅がセットで入っている。

 

もし亜鉛サプリメントを飲んでいる方は念のため確認してみるといい。

 

私は今のところ銅が含まれていない亜鉛サプリは見たことがない。

 

 

 

 

 

そして、カルシウムとマグネシウムだ。

 

私の認識では一般的な日本人の食事ではどちらのミネラルも

 

まず「絶対量」で不足している。

 

どちらの栄養素もサプリメンテーションが有効である。

 

そして次の段階として「相対的な不足」というものがあるようだ。

 

あまり詳しくは知らないがナトリウムーカリウムと同じくバランスが偏ると都合が悪いということだろう。

 

巷には牛乳を悪く言う論が実は多くある。

 

 

例えば上記のツイートでは、牛乳に含まれるカルシウムとマグネシウムの比率を問題としている。

 

牛乳はカルシウムに大してマグネシウムが少なすぎるという指摘だ。

 

 

 

私はカロリー確保のためと、睡眠中のプロテインタイムリリース効果を狙って

 

プロテインを牛乳に溶かすことが多い。

 

そのため、基本的にカルシウム過剰になっている可能性はあった。

 

 

 

だが、マルチビタミンミネラルによってマグネシウムは十分摂取しているはずなので

 

問題ないだろうと考えるものの

 

念の為、最近飲んでいるマイプロテインの『アルファ メン』の栄養成分表を確認してみたところ

 

なんと、マグネシウムゼロだったのだ。

 

f:id:sakato0927:20180405090514p:plain

f:id:sakato0927:20180405090519p:plain

 

 

これは盲点だった。

 

ここしばらく、牛乳とパントテン酸カルシウムとアルファメンにより

 

カルシウム過剰であったのは間違いないだろう。

 

 

 

 

少し調べてみると

 

イライラするときはカルシウムではなくむしろマグネシウムだという先生の意見である。

 

 

イライラしている人に「カルシウムが足りないよ」と言って余計に激昂させるシーンはよくありますが、意外に多いのが鉄不足です。

セロトニンドーパミンなどを作るときに鉄が必要となるため、これの不足によって鬱やパニック症状、イライラなどを引き起こすことが多いようです。 
またカルシウムよりも、むしろマグネシウム不足のほうがイライラは募ります。

これについては筆者の文章の読者でしたら、肉離れとマグネシウムの関係などからも容易に想像はつくことでしょう。 

 

2017 5月 | 山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー) official ブログ by ダイヤモンドブログ

 

 

 

早速、かつて使用して即座に下痢になったマグネシウムサプリを引っ張り出して摂取。

 

下痢にならないし、少し落ち着いたような気がする。

 

 

 

原因の一端を見つけることができたのであれば嬉しい。