時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

作曲ができるということ

 

演奏者を目指す人は数多いだろう。

 

華やかな姿を直接イメージできるし

 

特に歌なんかだと、自分でもできそうな気がするものだ。

 

そういった イメージしやすい仕事 は圧倒的に多くの志望者がいて

 

教育ビジネスやプロダクションに徹底的に吸い取られるかこき使われるのが大体のパターンだろう。

 

そう思って音楽の道はうまくないと思って距離を取っていたが

 

知人が結構、うまくいっているらしい話も聞く。

 

 

 

案外、「作曲」となると

 

志望者も、できる人も、

 

私が思っているより少なかったのかもしれない

 

と最近思う。

 

確かに、仕事がイメージしにくい し

 

幼い時分に音楽経験があるなどの、ある程度の条件が揃わないとできないことだ。

 

つまり参入障壁もそこそこ高い。

 

そのあたり無自覚だったため

 

競争率を高く見積もりすぎた可能性もある。

 

 

 

少し読み違いがあったのかもしれないな、と

 

昔の自分の判断を修正してみる今日この頃。