時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

「野菜よく食べる人肌キレイ説」の原因究明 咀嚼が顔の血流量を上げる

 
 
私の中に「野菜よく食べる人肌キレイ説」というのがあるが
 
この原因がなかなかはっきりしなくてやきもきしていた。
 
 
「野菜」自体にフォーカスして、いろいろ調べてみても
 
どちらかというと野菜は身体に悪い、もしくは特に必要ないという結論になってしまう(意外かもしれないがそうなのである)。
 
 
なので食べるのに時間がかかることが、野菜のプラスの要因の大きな部分じゃないかとにらんではいた。
 
最初にサラダで時間をかけることにより、身体の消化の準備が整い、身体の負担が減るのではないかとか・・・。
 
 
 
 
そんなとき、とある情報を発見。
 
その情報によると、顔の血流量を決める大きな要因のひとつは咀嚼であるという。
 
 
うん。
 
 
考えてみれば、それはそうだ。
 
咀嚼回数を稼ぐことにより、顔の血流が改善する。
 
 
 
そして、いくら頭で「たくさん咀嚼する」と考えたところで
 
人間、実際にはすぐに忘れて飲み込んでしまうものだということだ。
 
 
そこで強制的に咀嚼回数を増やすものとして野菜がある
 
 
そう考えると納得がいく。
 
 
 
野菜を日常的によく食べる人は、咀嚼回数が多い。
 
 
咀嚼回数が多いと、顔の血流量が多い。
 
 
顔の血流量が多いと、肌がキレイ。
 
 
いまのところ一番有力な説となった。
 
 
 
 
じゃあ「ガムはどうなんだろう」とすぐにサボることを考えてしまうけども・・・