時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

「大切なのは中身だ」という類の甘言に最終解答を下そう

 
 
「大切なのは中身だ」
 
という言葉ほど、正確に理解されていないと感じるものはない。
 
 
 
例えば
 
「清潔感の無い男性は、女性にモテない」
 
と聞いて
 
「中身が大切なんじゃなかったのか!?」
 
と感じるなら、やはりあなたは上記の言葉を理解できていない。
 
 
 
この例で言うと、外見は予選なのだ。
 
そして予選の判定基準は、完全に見た目なのだ。
 
だからといって、予選に勝ち上がった者達が争う本戦に、見た目はまったく関係ない
 
 
この関係性がわかるだろうか。
 
 
予選と本戦は、完全に異なるルールで動いている
 
 
本戦は、その人の中身の勝負となる。
 
本戦までくれば見た目はもう関係ない。
 
しかし、見た目を磨いておかなければ、本戦には出場できない。
 
 
 
こういう2層構造は、実は世の中に数多い。
 
 
 
今はどうか知らないが私の時代の東京大学受験は
 
まずセンター試験の点数が規定点に足りないものを受験資格が無いとする「足切り」があった。
 
これがまさに予選である。
 
勘がいい方はわかると思うが、予選は効率のために存在する
 
とにかく効率重視であるため、しっかりと実力を問うわけではない。ざっと判定する。
 
センター試験を平均して800点強取れる人間は、900点を目指す努力をしている暇があれば2次試験対策をすべきだ。
 
本質(中身)は2次試験なのである。
 
これが2層構造だ。
 
 
 
予選と本戦。センター試験と2次試験。履歴書(学歴)と面接。
 
なんでも同じことだ。
 
 
これはもっと正確に言えば「必要条件」と「十分条件」のことだ。
 
高校数学で教わる内容だが、しっかりその意味を理解できているだろうか?
 
高校時代、テストの点は私よりはるかに取れるのに、実際には全然理解していない人が多くて驚いたものである。
 
 
 
例えば
 
痩せっぱちのヒョロガリ君は、男社会ではどうしても舐められやすい。
 
それは、男社会ではガタイが良いことが、最終的には舐められないことの必要条件だからだ(納得できないなら「迫力がある」と言い換えよう)。
 
必要条件であるとはどういう意味か。
 
一文で表現すると「舐められていない人を集めると、その中にヒョロガリ君はいない」という意味となる。
 
 
しかし決して勘違いしてはならないが、身体を鍛えれば、もうそれで舐められないかというとそうではない。
 
 
そのことを、ガタイが良いことは、舐められないことの十分条件ではない、という。
 
 
十分条件ではないとはどういう意味かというと
 
ガタイがよくても舐められている人はいる、という意味だ
 
 
この関係性がわかるだろうか。
 
 
 
舐められないということは、ガタイが良い+何か があるということだ。
 
このとき
 
ガタイが良いことは必要条件であり
 
ガタイが良い+何かがある こそが十分条件となる。
 
 
 
「何か」はそれぞれが人生をかけてつかみとるものであり
 
他人がどうこうアドバイスできる領域では無いかもしれない。
 
 
 
「どうすれば成功できますか」という質問は十分条件を問うている質問であり
 
その問いには誰も答えることができない。
 
 
しかし必要条件は違う。
 
必要条件は、少なくとも誰もが目指す価値を保証されたものなのだ。 
 
アドバイスできるのはこちらである。
 
 
 
 
学歴はサラリーマン社会で成功するための・・・
 
 
 
必要条件である。
 
 
 
 
容姿の美しさは女性が男性に認められるための・・・・
 
 
 
必要条件である。
 
 
 
 
理想がどうか、という話ではない。
 
正義はどうあるべきか、という話ではない。
 
 
 
必要条件であるとは言い換えると、誰もが努力する価値があるということだ。
 
 
 
 
もちろん上にあげたすべての例に例外が存在する。
 
厳密な数学では例外があればその表現は成り立たないが・・・
 
リアルを描き出すために数学用語をツールとして使用した。
 
 
 
 
世間では得てしてその例外にばかりスポットが当たるために、
 
上記のような「当たり前のこと」がなかなか整理できない。
 
一部の例外は無視していいのだ。というか無視しなければならない。
 
大天才、あるいは数万人に一人の幸運を持って生まれたと確信できるのでない限りは、しっかりと現実を認識しておこう。
 
 
 
 
外見か中身か、というような幼稚な議論は一切無用だ。
 
最短距離で80点の外見を作り上げ、残った全てのエネルギーを中身に集中する。
 
中身がもう爆発的に魅力的で溢れかえってしまう太陽のような大天才は例外だが
 
凡人の生きる道はこれしかないのだ。