時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

書評 『働き方 完全無双』 ひろゆき 大和書房

『働き方 完全無双』 ひろゆき 大和書房
 

働き方 完全無双

 
もはやタイトルはどうでもいい。
 
タイトル買いする方はいないだろう、著者買いだ。
 
 
示す戦略が新鮮で、かつ具体例が面白い。
 
戦略は著者ならではの自由な思考から。
 
具体例は豊富な独自の経験、海外居住者の視点などから生まれていて、
 
嫉妬するほど見事に一撃一撃決めてくる。
 
 
 
 
 
大まかな著者のメッセージ
 
 
 
若者はディフェンスを重視しながら、ネットでワンチャンスを狙っていく時代。
 
成功というものはたまたまであるから
 
戦略としてできることは
 
1.守りを充実させて
 
2.一発あてる可能性を高めること
 
の2つのみ。
 
日本は間違いなくこれからみんなでどんどん落ちていく。
 
若者、やばいよ。
 
上の世代は敵だよ。
 
高齢者が無条件にトクをする今の日本において、圧倒的な弱者である若者は、
 
モラル的にズルいことをしてでも生きていくしか方法がないのかもしれません。

 

 
 
 
 
 
 
引用と感想
 
 
「何が当たるかわからない」
 
「人に覚えてもらえばチャンスが増える」

 

そう、どこかで聞いたことがあるようなことであり、
 
基本的なことなのだろうが、
 
改めて考えさせられた。
 
どんどん発信していくことは、成功するための必要条件だということだ。
 
つまり発信をためらう人間は、
 
成功する気がないと判断せざるを得ないということだ。
 
 
 
 
「新しいこと」にはとにかく首を突っ込んどけ
 
 
著者には成功要因に個人の能力という要素はほとんど関係ないのではないか?という視点がある。
 
「たまたま早い段階からそれをやっていた」ことが一番大きい要因だと。
 
 
これは田舎暮らしの私の卑近な例で言えば
 
「たまたまそこに土地を持っていたから、まったく食うに困らない資産家になった」
 
というものの、レベルの高い一例だ。
 
 
田舎の方々はこの成功体験があった(あるいは見ていた)から、いつまでも土地を持つことにこだわるのだろう。
 
しかしまったく異なるのは、土地は持っているだけで費用がかかるし、
 
「持っている」だけでは個人に何の成長ももたらさないことだ。
 
 
「新しいことに首を突っ込む」のは情報レベルのことであるから所有にコストはかからないし
 
新鮮な体験と成長をもたらし、かつワンチャンス狙うことができる。
 
 
ワンチャンスを狙うという意味で土地を持つことなど、宝くじを買うのと同じだ。
 
何の努力もせずに、ただ待っていればチャンスがあるというような、いい加減そういうくだらない考えを改めていただきたいものだ。
 
宝くじ的発想は、一石一鳥の発想。
 
一石一鳥の発想は、経営者として論外だと思っている。
 
何をするにも一石四鳥狙うくらいの発想が必要だ。
 
 
 
 
悪評を恐れないほうがよっぽどラク
 
バッシングを受けるようなコトは、誰もやりたがらない。
 
誰もやりたがらないということは、参入障壁が高いということだ。
 
参入障壁が高ければライバルと競う必要がない。
 
これはビジネス的な視点ではとても素晴らしいことである。
 
そう、悪評を恐れないほうが、
 
評判を恐れて見栄えのいいことばかりコツコツ努力するより
 
はるかにラクだということ。
 
 
 
 
 
「イヤだ」という人がいれば絶対に採用はしない
 
これはグーグルの採用方法の話。
 
新人はみんなとしばらく一緒に仕事を実際にさせて
 
その後、採用結果を伝えるという方法を採っている。
 
判定基準は、チームのみんなの中に一人でも
 
「一緒に仕事したくない」という人がいれば不採用。
 
 
極めて人間的判断で、能力的判断ではない。
 
 
また、判断を皆に一枚かませることで
 
「何であんなの雇った」だの
 
「まぁ自分には関係ない」だのと言わせないという戦略がある
 
 
素晴らしい。
 
 
「社員」にする場合は「能力」ではなく「人間」を見るというのは
 
個人的経験からも、確たる法則だと考えている。
 
 
能力は外注として短期的な契約で、つまりキャッシュで買うべきだ。
 
雇用契約は重たい。絶対に甘く考えてはいけない。自戒を込めて。
 
 
 
 
 
社長の仕事って実は雑用じゃないか
同じことを繰り返すことが苦手
トラブルが好き
 
共感できすぎる。
 
これ、要は飽きっぽいということだ。
 
そう、飽きっぽくない人は、職人をやるべきだよね。
 
 
 
 
 
推薦文
 
 
最初に書いたが、
 
とにかく具体例が面白い。
 
ほとんど当記事には書かなかったが細かなネタがたくさん仕込まれている。
 
 
3Dプリンタで爆発物がつくれるし
 
アメリカで子供が個人レベルで核分裂を成功させて、被爆によって二人死亡しているし
 
著者はコンビニアルバイト時代は徹底して「言われたことしかやらない」を貫いたし
 
すぐに眠る方法や鼻づまりを直す方法もある。
 
 
 
これくらいにしておくけど、とにかく、おもしろいよ。
 
働き方 完全無双

働き方 完全無双

 

 

前の記事