時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

まだ「待ち合わせ」で消耗してるの? (しています)

 
 
 
                   待ち合わせ
 
 
 
 
「待ち合わせ」の負荷ってすごくない?
「待ち合わせ」ってとんでもなく高度で高負荷な行為だと思う。
狙った時間に狙った場所に行くなんて、とんでもない難易度ですよ。
そんなことを真面目にしていたら、
本当にその「待ち合わせを実行するだけ」の時間になってしまう。
 
かなり早めに準備して、時間を気にしながら、その場所へのルートを確認。
イレギュラーを想定して時間に余裕をこれくらい見て・・・
待ち時間が発生したらその間これをやりたいそのための準備をしていかないと・・・・
 
耐え難いですね。
 
 
ちなみに私はこのようなルールで動いています。
・一切時間を気にしなくていいくらいに早めに出る。数時間余裕を見るくらいの勢い。
・どこか近くで時間を潰していても結局「その場所から目的地までのわずかな時間」なんかを気にしないといけないので、もうバカみたいに早く現地に到着する。
もちろん道中何か気になることがあったらそっちを優先したりする。
・現地で普通に他のことをする。そもそも待ち合わせのこと一切を忘れるくらいがベスト。
モバイルで仕事なり娯楽なりをいつもどおりできる環境を、どれくらい構築できるかがカギ。
 
具体的に言えば
 
10時に現場で打合せなら
8時くらいには準備を済ませて出て
道中、音声で執筆したり、歌を歌ったり 笑
コンビニでサラダチキンを買い込んだりプロテインを飲んだり 笑
ネタが思いついたなら止まってスマホで執筆したり、
気になるものがあれば降りていって写真をとる。
現場につけば、誰もいないがとりあえず見て回っていろいろ確認。
現地でなければ気づかないこともあり、何かイレギュラーがあればその段階で手を打つ。
現地だからこそ思いつくアイデアもあれば気づくミスもあるわけで。
そこから時間が余って自由なら
LINEや電話で指示を出したり、メールを返したり。
周囲を散歩してまわったり、現地でKindle本を読んだりする。
 
それくらい一石n鳥を狙わないとストレスが溜まる。
 
とにかく時間を気にしながら動くのが死ぬほど嫌いだ
 
死ぬほど嫌いだ。
 
この先の人生に1秒も必要ないと思っている
 
 
それくらい準備してもなお、待ち合わせが大嫌いだ。
 
「遅刻してくる人をどう思うか?」
・・・と問われてもどうでもいいくらい
そもそも待ち合わせが嫌いだ。
 
いかに待ち合わせをしなくてもいい実力を身につけるか、そればかり考えています。
本当に力があれば、時間を気にしながら誰かに会いに行く必要なんてないはずだから・・・
 
待ち合わせ自体には別に何の価値もないんですよ。
だから無くすことができるのなら無くすべきなんです。
 
4次元ですからね待ち合わせっていうのは。
時間も空間も指定されるわけです。
あまりにも不自由。
嫌いです。