時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

おろかばえ 実生のシマトネリコ

 

香川では、意図したわけではない種から生えてきた植物を「おろかばえ」と言います。

若い人は使わないことばですけど、僕の経験上、年配の方はみんな言いますね。

 

ネットで調べると、意味は「実生」(みしょう:種から育った植物)とあるけど、

経験的にはみなさん、「意図していない」に力点をおいて使っているように感じています。

 

なぜ、「おろかばえ」なのか、は

やっぱり普通に考えて「愚か」から来ているのでしょう。

「愚かなヤツが勝手に生えてきたぞ」という意味なのではないか。

「おろこばえ」という言い方もあり、直接「愚か」と言わない言い方っぽく感じられます。

まぁ、私の勘違いかもしれませんが、なんとなく好きではない言葉です。

 

「実生のシマトネリコ」のほうが言葉として綺麗ですね。

(実生のシマトネリコはよく出現します!)

「おろかばえのシマトネリコ」のほうが伝わりやすいのが残念ですが。

 

私は基本的には「実生の」と言おうと思います。

 

ちなみに実生のシマトネリコは結構かわいいです。