さかとの成長あるのみ!

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食ブログ

花粉症薬に添加されているカフェイン

 

どうにも眠りにくくて。

もちろん鼻づまりが直接の原因で眠れなかったのかもしれないが、

薬のカフェインが原因だった可能性もある。

何にせよ、カフェインに関しては不確定なことが多いので常用のリスクは避けたい。

ざっと市販薬を眺めてみた感じ、値段が高い花粉症薬には入っていない印象。

 

カフェイン入りの製品

・ヒストミン

・クニヒロ

パブロン

 

カフェインレスの製品

・アレグラ

ストナリニ

コンタック

 

うーん、値段によるかと思ったけど微妙かも。

設計者の考えによるのだろうか。

 

もちろんカフェインで花粉症の症状を和らげることができるから、カフェインを含んでいるのだろう。

確かに、交感神経を刺激しそうではあるし、鼻づまりの血管を収縮させそうでもある。

 

薬にも気をつけなくては、と思った次第。

 

カフェインは短期的な作用の強さと確実性に関しては

圧倒的な効果も持つので、

様々な商品に添加されていることが予想できる。

 

もし、不眠症状の悩みなどがある方で、

カフェインレスを試してみたいという場合は、

一度常用している製品の栄養表示ラベルを確認することをオススメする。

思わぬモノに添加されているのかもしれない。