時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

「新しい問題を見つける」ってつまりこういうこと

そこにあるのは、集中ではなく、分散だったはずだ。

多くを見回し、たまたま見つけたものが育ったのだろう。

既にあった問題を解決したのではなく、新しい問題を見つけ、それを解いた結果なのである。

集中力はいらない (SB新書)

集中力はいらない (SB新書)

 

 

『新しい問題を見つける』とはどういうことなのか。

 

とても小さな話で恐縮だが、こういうことである。

 

  上記のサプリ飲み込み問題はそもそも問題として一般に認知されていない

 

ほとんどの人が飲み込めるからだろう。

 

飲み込めない人も、工夫してまで飲もうとしていないからだろう。

 

ここまでしつこく方法を検討し、まとめたのは希少な例のはずだ。

 

こんなところに誰もこだわっていなかったということだ。

 

そして「新しい問題」を認識できないというのは、まさにそういうことなのである。

 

 

ここには私の強いわがままがある。

 

サプリをたくさん飲んで効果を上げたい。

 

でも時間がかかるのは嫌。

 

頑張って飲むのは嫌。

 

効率的に飲みたいし、楽に安全に飲みたい。

 

 

新しい問題を発見するとはこういうことだ。

 

わがままを押し通すということだ。

 

自分だけのこだわりをこだわり抜くということだ。

 

 

何か壁にぶつかったときに「じゃあちょっとネットで調べてみよう」とする。

 

そこで情報がなかったら「ああそんなもんなんだな。仕方ないんだな。」で終わる。

 

この態度では新しい問題には出会えない。

 

既存の問題を解決することにたいした価値はない。

 

新しい問題を発見することに価値がある。

 

どんなに小さなことでも、自分の欲望から発した「自分だけの問題」の解決には大きな価値があるのだ。