時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

超個人的 タンパク質摂取方法の「手軽さ」ランキングBEST5!

 「利便性」という観点でタンパク質摂取方法をランキングしてみよう。

 利便性の低い順、手間がかかる順に書いてゆく。

 

5.固形物を食べる(自炊)

鶏胸肉を安く買ってきて冷凍しておき、調理して食べる。

出先では朝に茹でて、タッパーに入れておいて食べる。

 理想的だし、海外ボディビルダーなどの極ガチ勢はこのやり方だと聞く。

 

4.固形物を食べる(コンビニ)

サラダチキン等をコンビニで買って食べる。

自宅で茹でることに比べればはるかに楽な方法である。

 

3.プロテインシェイクを飲む

シェイカー・水・プロテインパウダーの3点があれば、どこでもシェイクを飲むことができる。

パウダーをジップロックに入れて持ち運ぶ人もいる。

私は100均の「キャップ付きディスペンサー」「水入りペットボトル」の2点を常に携帯している。

f:id:sakato0927:20180724081602j:plain

ペットボトルは出先で調達してもよし、家で浄水をいれて持ち運んでもよし。

パウダーはネジのキャップがついているため、こぼれたことがない。

なかなか良いやり方だ。

 

2.プロテインバーを食べる

食品を持ち運んで食べることに比べれば、シェイクはとてつもなく楽なわけではあるが、とはいっても、人間の楽をしたい欲は果てしないのです。

シェイクは、水を用意しなければならないし、パウダーと混ぜ合わせなければいけない。

この手間すら嫌になるときがあるのです。

 

特にシェイクでは車の運転中に「あ、そろそろタンパク質とらなきゃ」というシチュエーションに対応できません!

 

そこでプロテインバーが活躍します。

カバンに放り込んであるバーを取り出してかじりつくのみ!

運転中に片手でタンパク質摂取可能!

 

ただ、ほとんどのバーは美味しくないしネチャネチャして食べにくいです。

私は実際には、シンサのプロテインバーとマイプロテインのプロテインクッキー以外は認めておりません(食べきったことがないです)。 

マイプロテインのプロテインクッキー。

素晴らしいです!お手軽に、片手で30g以上のタンパク質が取れる。

味もまぁまぁです(笑)

  

1.ビッグホエイRTD

f:id:sakato0927:20180724080503j:plain

そしてこいつです。

バーもクッキーもでかいんです。

まぁまぁ食べるのに時間がかかります。

「利便性」を追求したら、この形になるのです。

プロテインシェイクを予め作っておけばいい、という考えは甘い。

腐るからです。

 

固体なら長持ちするが食べるのが大変。

液体ならすぐに飲み干せるが腐りやすい。

この2者の間をぶち抜くのが「ウィダーインゼリースタイル」

飲めるし長持ちする。

 

ただ、ゼリーほどちゅるちゅると飲めるのもではなく

飲むヨーグルトみたいな粘度は持っています。

 

このスタイルのプロテインが今後増えていくでしょう。

楽しみです。 

 

 

最後に

どれが良い悪いという話ではありません。

これは私にとってはとても重要な「利便性」という観点から見たランキングに過ぎません。

ボディメイクに本気であればあるほど、固形物を食べたほうがおそらく有利でしょう。

 

ちなみに今の私のカバンには常に、

パウダーとクッキーとRTDの3種類全て入っています。

状況と気分で適切なものを選びます。

 

シェイクが一番多いですが、仕事がバタバタしているときは他がとても役に立ちます。

 

選択肢を増やしておきましょう!