時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

目をつぶっていても、聴覚で空間を感じている。閉塞感が心理的ストレスになっているかも?

 

今まで、壁側を頭にして寝ていたのです。

 

特に理由もなく、逆向きになって寝てみました。

 

朝、まぶたを開ける直前に「あれ?いつもよりなんか心地良い」と感じたのです。

 

まぶたを開いた瞬間に思い出しました。逆向きに寝たことを。

 

何の心地よさだったのか、理由を考えました。

 

まず、開けた場所のほうが壁際に比べて空気の動きが活発なのかもしれません。

 

空気が淀んでいないきれいな空気だったのか。

 

まったくないわけでもないでしょうが、それでは理由として弱いです。

 

原因は聴覚なのです。

 

人はほとんど何も音がしていなくても、音の「感じ」で空間の広さや壁の有無などを感じ取ることができます。

 

目をつぶっていても、耳で空間を感じ取っているのです。

 

今までの位置では2方に壁がありました。

 

そのことによって無意識に閉塞感を感じていたのです。

 

ということはもしかしたら、部屋の中心に向かって頭をむけて寝るのが最も良いのかもしれません。

 

ベッドの配置としてはなかなか難しいですが、一考の価値はありそうでです。