時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

ベッドVS布団 どっちがいい?

ベッドを導入するか否かで悩み続けて数年。

未だに動きがありません 笑

ちょっとここで、しっかり考えてみましょう。

 

 

それぞれの私が思う特徴を列挙してみます。

 

ベッド

・デザイン性が高い

・スペースを圧迫する

・引っ越しが面倒

・模様替えが面倒

マットレスを干すのが大変

・床から距離があるためハウスダストを吸い込みにくい

・床から距離があるため害虫の心配がない

・座ることができる

・柔らかい

・きしむかもしれない

 

布団

・ダサい

・引っ越しが楽

・模様替えが楽

・すべてを干すのが簡単(メンテナンス性が高い)

・床から近いのでハウスダストを吸い込み易い

・床から近いので害虫が心配

・固い

 

 

それぞれ検討してみます。

 

メンテナンス性

ベッドはとにかくマットレスのメンテが大変です。

押入れに入れたり出したりが面倒だという意見が多いですが、そもそも現代的には押入れに入れる必要がないでしょう?

ものすごく家が狭かった時代の慣習だと思うのですが。

どちらにせよできるだけ頻繁に干すことが望ましいのですから、ベッドのほうが楽だという考え方は微妙です。

 

床からの距離

床から近いことによるデメリットは、そもそも寝室を清潔にすることで解決できます。

部屋を清潔にすることは睡眠に限らず大切なことなので、布団のデメリットだとは感じません。

むしろベッドが掃除しない言い訳になりうることがデメリットにすら思えます。

害虫も同じです。

ですので、布団の勝ちです。

 

固さ

固さに関してもそもそも人類はずっと固い床で寝ていたわけなので、

どちらかというと固めの環境で寝るほうが睡眠には有利だと考えています。

とはいえ本当に固いところで寝ると、床に接している部分がうっ血したようになります。

当然これは不適です。

十分にうっ血が起こらない柔らかさでかつ、

体が沈み込んだりしない固さ。

「固いな・・・」と感じない範囲で一番固いくらい、がベストだと考えています。

ですので、布団で十分。

経済面から考えて、布団の勝ちです。

 

モバイル性

模様替えが簡単にできるということが、とても大切だと思うのです。

模様替えがやりにくいということは、アップデートしないということです。

成長がないということになります。

ここのところは布団の圧勝でしょう。

 

デザイン

ベッドの勝ちです。

 

 

結論

 

それでもやっぱりベッドがいい

なんだろう・・・自己肯定感が違ってくるというか・・・。

デザインって大切だよね。

 

マットレスの無いスノコタイプみたいな固めのベッドにしよう。

きしみにだけは注意してそれなりのものを。

 

ベッドだとか布団だとかに関係なく、寝室は清潔に。

 

部屋のモノはできるだけ少なくしてスペースを有効に使おう。

 

うん。