健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

エアコンで睡眠の質が逆に悪化しないために

 

 

おそらく人間の自然な体温変化のせいだろう。

 

同じ温度設定でも夜は暑くて、朝目覚めると寒いことが何度もあった。

朝、微妙に体が凍えている。

睡眠にプラスなはずがない。

 

考えられる対策がいくつかある。

 

1.設定温度低めで、長袖長ズボンで寝る

2.タイマー設定で途中で切れるようにする

3.わずかでも風が直接あたらないように工夫する

 

1、面倒くさい。

2、タイミングが難しい。場合によっては熱中症で死ぬ。

3、寝る位置を変える→部屋の都合で無理

 

というわけで風よけをつけることにした。

 

届いたけどまだつけていないので、早速試してみることにする。

 

そしてメーカーさんは時間によって設定温度を高く自動で変更できる機能をつけてください

 

よろしくお願いします。