時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

おしゃべりをするほど元気になる人。おしゃべりをするほどストレスがたまる人。

 

あなたはどちらでしょうか?

 
自分の言いたいことを、ちゃんと聞いてもらえなくて、ストレスを感じることはありませんか?
 
私はこのストレスを感じる閾値がとても低いのです。
 
ストレスを感じやすいタイプです。
 

どういう人がストレスを感じやすいか

 
おそらく内向的な「深く考えるタイプ」は、この傾向があります。
 
なぜかというと、深く考えるが故に話の力点というものがあるのです
 
「この話のキモはここ!」というのが強くあるのです。
 
しかも深ければ深いほど、いくつかの前提知識を話さなければならなかったり、予め知っておいてもらわなくてはならなかったりして、どんどん話を聞いてもらう条件が厳しくなっていきます。
 
そのポイントまで聞いてもらえなくてもストレスになりますし、
そのポイントを理解してもらえなくてもストレスがたまります。
 
あまり深く考えるタイプではないのなら、
浅い(失礼!)話がたくさんあるわけで、そうそう前提条件も必要でないため、話を聞いてもらえる率が高いです。
 

感じやすいタイプの解決法

 
ここでどうするかというのが考えどころです。
 
ルール1
私は「話を聞いてもらおうとしない」と決めています
それがいまのところ一番ストレスフリーです。
 
「自分の話をするのは相手の話を引き出すため」と決めています
自分の話を聞いてもらう工夫もいろいろしてみたのですが、いかに私の興味とほとんどの人の興味が乖離しているのかを学ぶだけでした。
結局ストレスなのです。
 
しかしそれではどこにも吐き出すところがありません。
 
ルール2
そこで、まさにこのようにブログを書くのです。
 
イメージとしては言葉を「届ける」のではなくポンと「置いておく」のです。
 
このスタイルならば、いくらでも文章にこだわって構いません。うっとおしがられることもありません。
 
アウトプットのスタイルは別に文章に限りません。
 
たくさんの作品をつくればいいのです。
 
クリエイターであるべき人種なのです。
 

まとめ

ルール化は最強のメソッドですから、それぞれ自分に合ったルールを運用してみましょう。
 
そして、どんな形でもいいのでアウトプット(クリエイト)してみましょう。
 
 
アウトプットに興味を持ったならコチラ