健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

【座らないダイエット】太っている人、あなたもしかして座りすぎじゃないですか?

2019/06/05 加筆修正

 

太っている人は座ることに適応している説

を語っていこうと思います。

 

私は「割れた腹筋が見えなくなる」ということはまず、ないです。

 特にランニングなどはしていませんが、ただ、日常でほとんど座りません

 

座っているライオン

 

 

筋肉がつくにつれて、座るのがつらくなってきた気がする

 

個人的な経験なのですが、トレーニングをしてお尻の筋肉がつくほどに、座ることが苦痛になってきた感があります。

30分も座っていると、もうけっこうツラくなってきて、そこそこ強いストレスを感じます。

「痛い」とかではなくて、もっと神経がうずくような、キモチワルい感じです。

ネットで調べてみても、正直これが何なのかよくわかりません。

ただはっきりしているのは、筋肉がつくにつれ悪化してきているということです。

これは何なんでしょう。

「私も!」という方がいたらぜひとも教えてください・・・。

 

お尻の脂肪がクッションになる説

 

お尻の筋肉が圧迫されて血流が滞ることが原因だろうとは考えられます。

お尻の筋肉が鍛えられて大きくなったというより、お尻の脂肪が薄くなったことが関係ある可能性もあります。

お尻の脂肪というクッションが薄くなって、お尻の筋肉に部分的な負荷が強くかかるようになってしまい症状が悪化したのかもしれません。

全体に脂肪がのっていれば、いいクッションになって、筋肉の圧迫を分散させることができそうです。

 

座れば座るほど、適応してデブになる説

 

面白いなと思うのは、もしそうだとすれば、

これは一種の生物学的適応だとみなせるということです。

座ってばかりということは、活動量が少ないので脂肪がつきます。

あまり座らない生活をしている人は、日常的な活動量が多く、当然脂肪がつきにくいです。

脂肪がつけば、座ることが苦でなくなるので、ますます座るようになります。

脂肪が減れば、座ることが苦しくなってくるので、ますます活動的になります。

これは、一種の適応ですよね。

 

結論:ダイエットしたいならまず、座らないこと

 

やせたいならできるだけ座らない生活をしてみましょう。

 実は遊牧民族の中には「座ることを悪だ」と捉える文化をもつ者もいるんです。

さらに現代の狩猟民族達を観察しても、彼らは一日通して歩き回って生活しています。

 そもそも、人体は長時間座る設計になっていない可能性大です。

未来のあなたの健康のヒントは案外こんなところにあるかもしれません。

 

 

www.sakato0927.com

 

1日6時間座っている人は早死にする! (ベスト新書)

1日6時間座っている人は早死にする! (ベスト新書)

 
「座りすぎ」が寿命を縮める

「座りすぎ」が寿命を縮める