さかとの成長あるのみ!

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食ブログ

ぼくのかんがえた最強のリラックス法

リラックスは大切

リラックスは大切です。

無意識に感じているストレスをうまく解放しなければ、じわじわと心と身体がダメになっていきます。

では、最強のリラックス方法は何なのか?という話です。

 

 

方法1 運動

経験から、間違いなくオススメできるのは運動です。

運動がメンタルに与える効果は絶大です。

筋トレでも有酸素でも、ウォーキングでも同じく、効果があります。

 

方法2 瞑想

他にも、非常に有効であることがわかっているのは瞑想です。

呼吸を極めてゆっくりとし、意識を1点に集中させます。

呼吸がおとなしくなり、手も目も使わないことにより神経が休まります。

普通に想像する以上に、これだけのことが大きな効果を持つのです。

 

しかし、さらなるリラックスをもたらす方法があるそうです。

鈴木祐氏によれば、それは自然と触れ合うことです。

 

方法3 自然

上記ページによれば、森林浴のリラックス効果は運動・瞑想をともに上回ります。

これが、私には非常によくわかる話なのです。

 

個人的な経験

幼い頃に、よく庭で火を燃やしました。

祖父は農家でしたので、刈った草木を火を燃やすのは普通のことです。

私は単純に燃やすのが好きで、しょっちゅう草木を燃やしていたものです。

今思うと、あの木が燃える音や炎のゆらめきなどを見ることによるリラックスを求めていたのです。

単純に山に登ることも好きで、友達を引き連れて裏山で遊んでいたものですが、これも自然が心地よかったのだと思います。

 

自然って具体的に何か

私の幼い頃の話からもおわかりのように、

リラックスは「森林浴」限定の話ではありません。

自然に触れることそのものが深いリラックスをもたらすのです。

炎が燃える音や、海辺の波の音、鳥のさえずり、雨音、風で葉っぱがこすれる音。

炎のゆらめき、海の水平線、星空、森の風景。

木の匂い、土を踏みしめる足の感覚、

・・・思えば、食べ物を食べることもそこに含まれるのでしょう。

食べることは極めて重要なストレス解消ですしね。

 

日常レベルでの応用

緑との接触の最大化でも話しました通り

観葉植物を置くことや公園の散歩でも、壁紙を自然に変えることでもその効果を享受することができます。

森林浴の場合、そこに加えてフィトンチッドを吸い込むことによる健康効果があるようで、より良いわけです。

 

さらなる最強のリラックス法

そこで私は考えます。

これら3大リラックス法を組み合わせたら最強なのではないか?と。

 

つまり「自然の中で、瞑想と運動をする」ということです。

「自然に出向いていく」というのはキャンプに近いです。

バーベキューなんて、やはり最適なものなのですね。

「自然の中で運動」となるとトレイルランや本格的な登山になりそうです。

 

しばらく、このあたりのアイデアで遊んでみようかと考えています。