時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

ゆるキャン△ 2巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

ゆるキャン△ 2巻 (まんがタイムKRコミックス)

 
2巻です。
ゆるく感想を。
 
バイク女子
りんのバイク姿がとてもいい感じです。
私の生活圏にも2人ほど(おそらく)バイク女子がいます。
もちろんメットを着けているので顔は見えません。
しかしかわいいです。
基本的に男のモノであるバイクのパーツそれぞれのディテールが微妙に女の子っぽくデザインされていて、
それが逆に女の子っぽさが際立つんですかね。
パッと見は「バイクだ」くらいの印象から、
もう少し見ると「あ、女性だ」となります。
「・・・カワイイなー」というリズムです。
このタイムラグなんでしょうね、魅力は。
これも一種のギャップでしょうか。
 
 
おんたま揚げ
食の段取りって難しくないですか??
私は本当、食事の段取りができないのです。
彼女たちと同じく、変なタイミングでおんたま揚げを食べてしまうタイプです。
その次のメインを殺してしまうことがあるんです。
だから普段は、食べる時間をある程度決めて、リズムを崩さないようにしています。
けど、旅行先でまでそこを守るのもつまらないです。
ヘルシーなものを普段からたくさん食べるようにしておけば、旅行先でも段取りなしで楽しめるんじゃないかなんて、
おかしなことを画策しています。
たくさん食べて問題ないような野菜をメインに普段からたらふく食べておいて、お腹を大きくしておきます。
そして旅行先では何も考えずに食べまくる!
楽しそうでしょう。
 
 
 
ラインでつながる
ラインでやり取りするシーンが多いです。
お互いに別のキャンプ場、という物理的にも機能的にも大きく隔たれた場所から、コミュニケーションを楽しんでいます。
お互いに都市部でいる状態でやり取りするのとは、何か全然、異なる感覚が生まれませんか?
大きく隔たれた大自然間を超えてやり取りするのが、私には大変素敵なことに感じられます。
 
20年後にこのシーンを見たらどう感じるのでしょうか?
「わぁ~時代を感じるねぇ」というセリフは間違いなく出てくるでしょうが、
どういった意味でそれを口にするのか、楽しみでなりません。
 
しかし、キャンプ場というのは本当にちゃんと電波がとんでるものなのでしょうか?
キャンプ場を超えて本当の自然に入っていけば、圏外に突入します。
キャンプ場あたりが圏外と圏内の境なのかもしれませんね。
 
 
焼き肉キャンプ
美味しそうです。
山焼き肉、やってみたいですねぇ。
世間的にはバーベキューと言うんでしょうが(笑)
騒がしいのは嫌いなので、「BBQ」という感じではない。
 
ところで、今の食生活になってから焼き肉ってまったく行っていないのですが、
行った場合、何を食べればいいのだろうか?気になり始めました。
 
早速パレオさんの意見を頂戴したところ、
ホルモンはとても良いとのこと!
安心しました!なんとかなりそう!
 
内臓系(ハツとかレバーとか)をメインに攻め、
鶏肉を攻め、
野菜を攻め、
ご飯系を攻めれば良さそうです。
漬物もありますし、案外悪くないのかもしれません。
 
 
おだんご頭
かわいいですねぇ・・・
 
 
 
百合感
やたらとりんがなでしこのお姉さんのことを気にかけるシーンが挿入されますけど、なんですかね。
これ系の作品は百合感を出すのが作法なのですかね。
きっとそうなんでしょうね。
 
 
 
木の器
木製の器のデメリットには笑いました。
 
・湯を注ぐと塗料が溶ける
・塗料をはぐと木の臭いが食品にうつる
・臭い抜きをしないといけない
・水に漬けていると傷む etc
 
なぜ食器には陶器を用いるのか、逆にいい勉強になりますね。
 
 

おわりに

どうやら私はりんがお気に入りのようです。