時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

『誰でも月20万円の不労所得!絶対秘密の稼ぎ方 』 学生に推します!おもしろいが不労所得の本ではない!これは◯◯の本である。

誰でも月20万円の不労所得!絶対秘密の稼ぎ方

誰でも月20万円の不労所得!絶対秘密の稼ぎ方

 

 

不労所得』アンリミテッド シリーズ。

 

 

 

タイトル修正

最初に結論を。タイトル修正。

『誰でも月20万円!最高のアルバイト!秘密の稼ぎ方』

 

自己アフィリエイト

アフィリエイト本。

アフィリエイトの中でも『自己アフィリエイト』に特化した本。

これは少し変わっていて面白い。

 

ブログなど自分のメディアにアマゾン商品リンクなどを貼って、そこから購入してもらえれば数%の広告収入が入る。

それがアフィリエイトである。

 

自己アフィリエイトとはその購入を自分でやる、ということ(笑)

自分で広告を貼って、そこから自分で買う!

 

違反なのでは? 

 

「いや、それ違反でしょ」

「それだとただの数%値引きじゃん」

 

という声が聴こえてきます。

どちらもある意味そのとおりです!

 

しかし、自己アフィリエイトを認めている商品はたくさんあります。

例えば『クレジットカード新規作成で5000円』。

これなど自己アフィリエイトOKですし、クレカの新規登録はそもそも無料です。

有料の商品を自己アフィすると数%値引きに過ぎませんが、

無料の案件ならば稼ぎになるのです。

『○○セミナー参加報酬5000円』とか、いろいろあるようです。

 

アフィリエイターと企業はwin-win

 

そもそも、広告主(企業サイド)にとってアフィリエイターは優秀な見込み客です

企業が売りたい商品について、誰よりもはやく勉強してくれます。

その中でアフィリエイターが「ていうかこの商品いいじゃん」と思えば購入してもらえるわけですから。

そもそもアフィリエイターは企業にとって第一の顧客であるわけです。

 

そこから考えると『自己アフィリエイト』もそう突飛なアイデアではありません。

購入に資金の必要ない案件をどんどん自己アフィして成果報酬を得るわけです。

 

おもしろいですね。

 

ただこれは勤労所得

 

だからタイトルは修正されなくてはならない。

誰でも月20万円の不労所得!」って言ってますが・・・。

 

これは完全に勤労所得です(笑)

不労所得とは、その仕組みを維持するために労働する必要がない所得 です。

このやり方では、まず維持も何も案件ひとつにつき一度しかできません。

習熟することすら不可です。継続性がありません。

そして仕組みですらありません。

労働に対して、そのときのみの対価があるだけです。

これは立派な勤労所得です。

普通の労働と同じです。

 

アルバイトとしては最高

 

ただし、アフィリエイトの勉強になりますし、

世の中の仕組みを知る方法としても悪くない。

ですので、小遣い稼ぎとしては間違いなく素晴らしい方法です!

様々なセミナーに参加したり、婚活に参加したり、

要らないクレカやポイントカードを作ったり、すぐ忘れる無料のアカウントを作成したり、

保険の相談を興味もないのにしに行ったり、用のない無料のカウンセリングを受けたり、

売るもの無いのに宅配買取を申し込んだり、使いもしないカードローンを組んだり

きっといろいろと忙しいことと思いますが、

アルバイトとして最も優秀で勉強になりかつ割の良い方法ではないでしょうか!

 

全然不労所得ではありませんが、大変おもしろく読ませていただきました。