時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

『罪悪感』でコントロールしてこようとする人間から身を守れ! 話を聞くタイプのあなたに覚えておいて欲しいこと

 

こちらにうまく罪悪感を持たせながら、コントロールしてこようとする人間がいます。

 

例えば、下手に返事をするとそれを後々まで覚えていて、

「あのとき「はい」と言ったじゃないですか」などと言ってそれらを利用してきます。

 

話をしながら、いつのまにか最初と内容をすり替えます。

最初の話から1週間後あたりを狙って、忘れかけた頃に内容を変えて話を掘り返してきます。

 

おかしな所で大げさに謝ったりして、こちらの「もういいんですよ」の一言を引き出そうとします。

その後に間髪入れずに無茶な要求を差し込んできたりします。

こちらはいちど「許す」姿勢に入っていますから、つまりガードを解いた状態ですから、また急にガードを固めるのが間に合いません。

いつの間にやら要求を飲まされます。

 

社会にはこの手のテクニックにやたらと長けた人間がいるものです。

 

 

 

気づいたのですが、こいつらがターゲットにし易い人間がいます。

 

それは「言い返さない人」です(まぁ私ですが)。

 

普段は、怒ったならば無視するかブチ切れるかの2択くらいで、

「言い返す」ことが苦手、もしくは嫌いなタイプです。

 

ちなみに私は「言い返す」ことが嫌いなタイプです。

基本的な防御手段は「相手にしない」ことですから。

 

しかし、このタイプの攻略が得意な人間がいるのです。

これではうまく利用されることを避けられない場合があります。

 

 

対処法は、こいつらの話をちゃんとは聞かないことです。

逐一疑問を口にし、話を遮り、最後まで話をさせないことです。

ちゃんと反論しろというのではありません。

とにかく話をさせなければいいのです。

話を長く聞く時間をつくらないことです。

相手からすれば、それだけでも罪悪感を仕込んだりといった誘導が難しくなります。

 

もちろんそういう悪意のない人に対しては、

特にあなたの大切に思う人の話は、しっかりと最後まで聞いてあげるべきです。

 

しかし、そういったスタンスにつけ込んでくる人間がいることはしっかりと知っておくべきです。

 

こういった人種との闘いに明け暮れた挙げ句、

誰の話にも耳を傾けてあげることのできない人間になるのも寂しいです。

そういう人もいます。癖になってしまうのです。

 

そうならないためには、しっかりと人を判断することです。

「こいつは何か違う」という直感を大切にすることです。

 

基本は「関わらない」。

そこを突破されたなら「話させない」。

そこも突破されたなら「あなたが悪者になる」のも手です。

やつらは巧みですから、もうその状況を無理に突破するなら、

残念ながら悪者はあなたになることでしょう。

それでもその状況に甘んじるよりずっとましです。

悪者になれない限りは搾取が終わりません。

それができないなら利用され続けることになります。

 

1.平時から人を判断しておく

2.関わらない

3.話させない

 

ここまでに留めるよう努力しましょう。

 

4.悪者になって突破する

5.利用され続ける

 

 

この段階を理解しておきましょう。

 

きっとあなたの役に立つはずです。