時短読書ハック Sakatoの書評ブログ

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食書評ブログ  ※ブログ工事中!

Kindle Paperwhite 購入失敗談 私にとって結局iPadが上位互換だった

 

上記ツイートでは、ハードウェアとしてのKindleを断捨離しています。

 

そうなのです。

私もかつて持っていました。

Kindle Paperwhite

 

私の買った理由はズバリ、

寝る前にブルーライトの影響を受けずに電子デバイスで読書がしたかった

からです。

 

 

iPadとは違い、Kindle電子ペーパーですから、仕組み上発光していないのです。

ですので、寝る前の読書に使える!と考えたわけです。

 

そのためだけに Kindle Paperwhite を購入したのです。

 

しかし、これが失敗でした。

 

理由は2つあります。

 

1.そもそもKindleiPadではマシンの能力差がありすぎる

 

2.電子ペーパーやリア本を弱い照明で読むより、

 iPadの画面をナイトシフトにする方が正解だった。

 

1.

単純にKindleは1万円程度でiPadは5~8万円くらいします。

スペックが違いすぎるのです。

iPad(しかも私はiPad Proです!)の動作に慣れきった私は、

Kindleのモッサリした動きと、画質の悪さにガッカリしてしまいました。

Kindleは何も悪くないですが・・・)

iPadに慣れていたら耐えられないモサリ具合です。

 

さらに言うと、アップル製品用のKindleアプリは十分使いやすいです。

逆にアプリの操作性もKindleのほうが悪かった。

 

2.

そしてナイトシフトです。

それ自身が発光しないものを読むのはそもそも無理筋でした。

結局発光してくれなければうまく読めません。

 

www.sakato0927.com

www.sakato0927.com

 

 

要するに、

ナイトシフトで濃いオレンジでかつよわ~い光のiPadで読書する

のが結論となったのです。

 

流れをまとめると

 

スマホで寝る前読書していた→睡眠に悪影響

弱い照明でリア本を読むようにしよう→やっぱり電子書籍が読みたい

Kindleを購入→使いにくい。照明では結局読みにくい。

iPadのナイトシフト使う→解決

 

というわけで、Kindleはまったく活用されませんでした。

(もう売ってしまいました。しかも激安で・・・)

 

iPhone、iPadの利便性を逆に強調する結果となってしまったのは、

Surface pro3 の件と同じです。

 

 「アップルはスゲェってことだよ・・・」という結論ですね。

 

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

 

 

MRJN2J/A ゴールド iPad 9.7インチ Wi-Fiモデル 32GB(iOS)

MRJN2J/A ゴールド iPad 9.7インチ Wi-Fiモデル 32GB(iOS)