さかとの成長あるのみ!

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食ブログ

「1年半で月収300万を達成した私のブログ術」と聞いて、「自分は才能がない・・・」ってガッカリする必要なんて無いんだよ!という話

ブログの勉強を始めてみて、気がついたことがあります。

すごくよく目につくフレーズがあるんですよね。

ブロガーさんやアフィリエイターの方のプロフィール欄なんかでよく見るあれです。

「1年半で月収300万を達成した私のブログ術」

みたいなやつです。

 

こういう内容の記事、よく読んでるんですよ最近。

で、すごく傷つくというか、ボコボコにマウンティングかまされるわけです(笑)

「1年半で300万」はいいですよ、全然。

「うおーすげぇな」「夢あるなぁ」と思うだけです。

「しかしかつての私は半年で30記事も書いておきながらデイリー1000PVにも届かない始末でした…」

とか言われると

「ん?」てなってきます。

「記事の質は大切です。例えばこのように質の悪い記事を書いていては1日100PV程度しか読まれないでしょう。私はそれで心折れました。」

とか言いわれた日にゃね。

「わしなんか350記事書いてデイリー20PVとかザラじゃい!」

って叫びたくなりますよ。

 

それは置いといて。

これ、なんかデジャヴーを感じたんですよね。

筋トレを始めたときも、これ、あったなと。

 

例えばこのかた。

メトロンブログさん。

www.youtube.com

 

この人、すごいですよね。

めちゃかっこいいです。

しかも動画で語るところによるとなんとトレーニングを始めて2年(だっけ?)で大会上位入賞です!まじかよ…

 

こんなの聞くと「やっぱ俺って才能ねーのかな…」なんで思いませんか?

私は思いますね!!

でもね、よくよく調べると、メトロンさんってそもそもアスリートなんですよ。

ダンスをバリバリやってる人なんですよね。

「トレーニング始めて2年」って一口に言っても、例えば10年格闘技やってた人と10年システムエンジニアやってた人では、全然スタートラインが違いますよね。

トレーニング始めて2年、は嘘ではないです。

嘘ではないんですが、私たちマジの素人は、どちらかというと後者を勝手にイメージするじゃないですか。

お腹だけ出て腕はひょろひょろの色白男性が、2年でムキムキに!って勝手にイメージしません?

その条件で2年であの体は絶対無理なわけですよ、ほんとは。

ね、前提条件には触れない手法なわけですよ。

そういう技なんです。

私は176cmで50kg程度のもやしガチ勢からのトレーニングスタートですから、前提条件が全然違うんですね。

才能と断定してがっかりするのはもったいないんです。

言う側は絶対そこまで説明しませんから!

2年で大会入賞の方法!の方が絶対に注目されますし、嘘じゃありませんからね!

 

ただ私もスポーツは小学生で剣道、中学高校でバスケをやっていましたから、その微妙な影響はあるでしょうね。

もし、本当に全く運動経験のないガチ勢もやしなら、私よりもっと効果を出すのに時間がかかるかもしれません。

 

まぁ、今回のブログの世界も、同じだろうなって思ってます。

私はガチガチの素人です。

 

例えばこのクロネコ屋さん

クロネコ屋の超ブログ術 | ブログで成り上がった社長クロネコ屋のブログです。主にハゲ・育毛に関するコラムとブログで稼ぐノウハウを書いてます。

なんて、始めて1年で250万って言ってます。

これ聞いて、「うわぁー俺って才能ないんだー」、じゃないんですよ。

よくよく読むとこの方は元作家なんですよね。

作家として戦い続けて、その夢破れてアフィリエイトの世界にやってきた人なわけです。

スタートがだいぶ違いますね(もちろん本気度も違う)。

 

ほかにもこのマナブさん。

manablog

このひとはエンジニアなんですね。

プログラマーなわけですよ。

ブロガーって、言わば作家とプログラマーの間みたいなもんじゃないですか(雑な理解)。

これもスタートが違う例だなと思うわけです。

近い所にいたわけですよね。

 

正しく理解したいなら、前提条件を確認しないといけないんですね。

 

私ももしもブログで大成功してお金を稼げるようになったら似たようなことを言い出しますよ(笑)

ブログ立ち上げから半年で100万!とかね。

「はてなブログ使ってた間は勉強してなかったからノーカン」みたいな感じで。

これ、嘘じゃないですから。

 

ちょっとそんなことを思いました。

こういった物言いに触れて「自分は才能ないのかな」って落ち込む必要はないですし、

逆に言う側の時はそこまでまじめに情報出さなくていいんです。

これ、今流行りの「錯覚資産」ですね。

【おすすめ本】「錯覚資産」で急成長しよう。 : まだ東京で消耗してるの?

前提を確認しましょう、あるいはうまく前提を伏せましょう。

そんな話でした!