健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

ランニングマシンのすすめ 怠け者でも続く運動習慣【外ランニングは大変すぎます・・・】

f:id:sakato0927:20190107102022j:plain

「運動習慣を身につけたいのだけれど挫折続き・・・・」

「もういい歳になってきたし、健康のために何かしなくちゃとは思っている」

「メンタルヘルスにも運動が重要だというし、なんとか身につけておきたい」

そんな希望に答えます。


私自身は健康オタクでして、がっつり筋トレやら栄養管理やらやっておりますが

上記のような「とにかく運動習慣を!」という希望に対しては、筋トレよりも簡単で続きやすいものをおすすめしています。

室内ランニングがベスト


結論を言いますと、

「室内ランニング」をおすすめします。

あなたが具体的にとるべき行動は、

「場所を確保してランニングマシンを買う」ということになります。


その理由は2点あります。

理由1:筋トレはハードすぎる


第1の理由としては、まず筋トレはハードすぎること。

特に年配の方は、すでに関節の痛みなどがある場合が多く、

症状の悪化を恐れてなかなか筋トレをしようという気になれないものです。

実は筋トレには腰痛など関節痛の「改善」効果があるのですが、とはいえ正しく行うには

それなりの勉強や試行錯誤が必要なものです。


ですので、ウォーキングやジョギングをおすすめするわけです。

理由2:室外ランニングは面倒過ぎる


もう1点の理由は、室外でのジョギングは習慣化のハードルが高すぎることです。

こちらが一番伝えたいポイントです。

外でのジョギングは、はっきり言って習慣化するには大変すぎます。

いかに「外ジョグ」が難しいか、いくつか理由を並べてみます。

雨が降るとアウト

雨が降れば一発アウトです。

どれだけやる気に満ちていようとも、雨が降れば走れません。

習慣化したければ、慣れるまでは無理やりでも続けるべきなのですが、

雨ではどうしようもありません。

「習慣化」という観点からは条件が悪すぎます。

人に会う

外で走るということは、人に会うということです。

散歩中のご近所さんに出会ってしまったりします。

そんな環境では集中して走れませんよね。

それが嫌なら、ランニングコースのある公園などまで出かけなければなりません。

コースまで移動しなければならない

ランニングコースまで行くとなると移動時間がかかってしまいます。

走り終えても、すぐに家に戻れるわけではありませんし、

結構大変です。

たまのイベント扱いなら全然問題ないですが、

習慣とするには「移動時間」は大きな壁となります。


また、公園まで出向いたとしても、少し遠くへ移動したとしても、

ご近所さんには会わないですがどちらにせよ通行人なりと出会うことになります。

ですので、やはり走るときはそれなりの格好に着替えなければいけませんね。

着替えなければいけない

ランニングしようとするたびに本格的に着替えなければいけません。

靴も専用のものに履き替えます。

ランニングを終えたらまた着替えです。

これもなかなか手間でして、習慣化を阻むものとなります。

夏 暑すぎ問題

夏は暑すぎます。

炎天下の中キャップをかぶりサングラスをして、タオルを携帯して走らなければいけません。

女性でしたら日焼け対策も必要なのでは?

さらに場所によっては虫対策も必要です。

汗をかいていると蚊が寄ってきます。

場所によっては小さいハエみたいなのにたかられることも・・・

虫除けも必要でしょう。

これは大変すぎますよね。

冬 寒すぎ問題

冬は逆に寒すぎます。

それなりに最初は厚着で始めなければ身体が動きません。

走って身体が暖まってきたら今度はその厚着が邪魔になります。

そのあたりを計画的に進めなければいけません。

あまりにも大変です。

距離のコントロールが難しい

短いコースをぐるぐる回るのならいいのですが、大きめのコースを走るとなると

それなりに計画的に走らなければなりません。

疲れたからといっていきなり中断できません、元の場所に帰らないといけませんから。
イケイケで遠くまで走ってしまうと帰りがつらくなります。

水やスマホの持ち運びが大変

水もスマホも、ストレスなく携帯して走るのはかなりの工夫が必要です。

財布やカギがポケットに入っていてはチャリチャリうるさかったり、

揺れで結構不快なものです。

下手したら擦れて痛くなります。

水とスマホは携帯して走るための商品がいろいろと出てます。

そういったものでまたしっくりくるものを探さないといけません。

これもまた大変です。

大変ですがなかなかここをスキップすることもできません。

初心者が習慣化するのにはハードルが高すぎます。

外ランニングの習慣化は無理では?


思いつくだけでもこれくらいの難があります。

私はかなりの面倒くさがりの怠け者であることもありまして、

外ランの習慣化は絶対に無理だと思っています(笑)

ランニングマシンを買うとこうなる


ランニングマシンを買って室内に置けば、これら全てが解決します。

全てが、解決します(笑)

ちょっとバカらしくなるレベルです。

TVを見ながらでも、youtubeを見ながらでもOKです。

目をつぶっていてもいいですよ。

虫もいませんし紫外線も当たりません。

誰もいませんから、なんなら全裸でやってもOKです(笑)

寝起きでボーっとしていても、そのまま始められます。

パジャマのまま走ったっていいじゃないですか。

朝のコーヒーを横に置いていてもいいですし、電話がかかってきたらそのまま出てもらってOKです。

疲れたとか足首が痛いなとか思った瞬間に辞めていただいて結構。

やろうかどうしようか迷う必要さえありません。

乗ってスイッチを押すだけですから。

夏は冷房、冬は暖房をぜひ使ってください。

私は朝の強烈な目覚めのためにさらに光目覚まし時計「inti」
のブルーライトを浴びならが走っています。

朝ランで体内時計まで強力にアジャストします(ちなみに筋トレ時も浴びてます、筋力がUPするので)。

こんな風にいろんなことを兼ねる工夫は外ランではできませんね。

習慣化するとはここまでやるということです。


ですので、もうランニングマシンを思い切って買ってしまうことが、

運動習慣を身につける最短距離だと確信しています。

おわりに


外を走るのは無理ゲーです。

ランニングマシンを買って、室内ランニングしましょう。

次回の記事では、

毎朝室内ジョギングしている私が、ランニングマシン購入の注意点について書こうと思います。