健康のためなら死んでもいい

健康コンサル兼バイオハッカー「サカト」のブログ

人工甘味料で気持ち悪くなる人を救うかもしれない「甘味受容に基づいた組み合わせ」

人工甘味料で気持ち悪くなる人を救うかもしれない「甘味受容に基づいた組み合わせ」

どうもサカト@バイオハッカーです。

いきなり質問ですが

皆さんは人工甘味料の摂取で気分が悪くなったりしますか?

私は気分が悪くなるんです。

ダイエット・コーラなどを飲むと、即座に軽い悪心が現れます。

飲んで「しばらく経ってから」気持ち悪くなるのなら、まだわかるのですが…

即座に気持ち悪くなるので、謎です。

今回は、その原因を軽く考察してみます。

人工甘味料で気持ち悪くなる理由はなんだ?

人工甘味料で気持ち悪くなる理由はなんだ?

「人工甘味料で気持ち悪くならないか?」といろいろな人に聞いてみたところ、何人もの方が同じ症状を持っているということがわかりました。

これは、割とありふれた現象のようです。

さて、このありふれた現象はどのような理由で引き起こされているのでしょうか?

味の「予想」が外れると、とても気持ち悪く感じる

考えていると、ひとつ思い出すことがありました。

それは私が小学生の頃に、「砂糖の入っていない炭酸水」を初めて飲んだときのことです。

多分ですが、誰しも最初は砂糖入りのソーダを飲むと思います。

「透明のシュワシュワしたジュース」は甘いものだと思い込んでいます。

小学生の私は、たまたま友人のお母さんが出してくれた「炭酸水」をそれと気づかずに(甘いと思って)飲んだのです。

おそらく自分が飲む用だったのだと思います。

その口にした瞬間「とんでもなくマズイものを口にした」と感じて、吐き出してしまったのです!

思えば、なかなかの迷惑をかけてますね。

不味いわけではないのに吐き出した

普通に考えると、味なしの炭酸水は別にマズイ訳ではありません。

しかし「期待していた味とかけ離れていた」のです。

仮説ですが「期待していた味とずれる」というのが、ヒトはとても気持ち悪いのではないでしょうか??

そして人工甘味料は砂糖とは甘味が違います。

もしかしたら慣れた「予想した甘味」とのズレが気持ち悪さを生み出しているのかもしれません。

となると、問題なのは「自然な甘さとの違い」です。

自然な甘さに近づける甘味料の「組み合わせ」

そこで、甘味料の組み合わせを提案します。

食品添加物の加工販売会社『三菱ケミカルフーズ』によると

https://www.mfc.co.jp/product/tourui/erisuri/palate.html

「甘味のキレが良く、ある意味で後味がなさすぎて不自然なエリスリトール」

「甘味が後を引きすぎてしつこいステビア」

この2つを組み合わせることで、理想的な甘味を生み出すことができるようです。

まだはっきりと試している訳ではありませんが、この組み合わせなら悪心は起こらないかもしれません。

もしこれで悪心が起こらないのであれば、吐き気の原因は「味覚」ということです。

ちょっと実験してみようと思います。

私自身も実験してみます

私自身も実験してみます

とりあえずこの組み合わせで試してみようと思います。

具持ち悪くなるのはダイエット・コーラなどですから…

ダイエット・コーラにどれくらいの量の甘味料が入っているか調べて、それに準ずる量で実験してみようかなと。

エリスリトールもステビアも、普通にアマゾンで売っています。

よろしければ試してみてください。

皆さんの感想もぜひ聞いてみたいところです。

それではまた。

amzn.to

amzn.to

<PR>

『LINEパーソナルサービス』をしています。

ダイエット・フィットネス・栄養・健康・体質改善等、それぞれ緻密なヒアリングのもと、個人に合わせた指導を行なっています。

お申し込みは Twitter の DM もしくは下記メールアドレス

sakato0927@gmail.com

にお願いいたします。

詳しくは下記ページにて。

https://www.sakato0927.com/entry/2020/09/15/132235