健康のためなら死んでもいい

健康コンサル兼バイオハッカー「サカト」のブログ

なぜ特にゆで卵を食べた瞬間に気持ち悪くなるのか【調理した卵は平気な人へ】

なぜ特にゆで卵を食べた瞬間に気持ち悪くなるのか【調理した卵は平気な人へ】

どうもサカトです。

今日は「卵料理は大丈夫なのに、ゆでたまごは食べると気持ち悪くなる問題」について書こうと思います。

もし「卵を食べるとすぐに気分が悪くなる」「そういえば卵料理は大丈夫なのにゆで卵はダメかも…」という心当たりがある方は、ぜひ読んでみてください。

問題解決になるかもしれません。

卵は抜群に優秀な栄養食品ですから、毎日食べることを意識している方もおおくいらっしゃると思います。

毎日のことですから、気持ち悪くなるリスクは限りなくゼロに近づけておきたいですよね。

なぜ特にゆで卵を食べた瞬間に気持ち悪くなるのか

なぜ特にゆで卵を食べた瞬間に気持ち悪くなるのか

では、なぜ特にゆで卵を食べた瞬間に気持ち悪くなるのか、解説します。

硫黄を加熱すると出てくる硫化水素

答えを言うと、犯人は「硫化水素」です。

「温泉地のニオイ」ですね。

硫化水素はシステインやメチオニンなどの硫黄を含むアミノ酸を「加熱することで」出てくるようです。

システインやメチオニンは「卵白」に多く含まれます。

つまり、私達が気持ち悪くなる原因は黄身ではなく白身の方なのです。

硫化水素は「加熱温度が高く、加熱時間が長いほど」多く発生します。

つまり、生卵では発生せず、半熟卵もあまり加熱しないのでほとんど出てこない。

しかし、ゆで卵や目玉焼きや卵焼きだとしっかり加熱するので硫化水素が発生するということ。

ではなぜ卵焼きや目玉焼きだと平気なのか??

ここで疑問が生まれます。

ではなぜ、目玉焼きや卵焼きは気持ち悪くならないのか??

加熱によって白身から硫化水素が発生するのであれば、それら調理卵も気持ち悪くなるはず…

しかし、これら調理卵にはゆで卵と大きな違いがあります。

それは「殻を割った状態で加熱すること」です。

殻がない状態で発生した硫化水素は、空気中に飛散するはずです。

なので、加熱して硫化水素が発生したとはいえ食べても気持ち悪くならないのです。

ゆで卵は発生した硫化水素を閉じ込める

それに対し、ゆで卵は2つの条件をバチバチに満たしています。

  • しっかり加熱する
  • 殻のある状態で加熱する

以上から、硫化水素の蓄積が起こり、食べた瞬間に気持ち悪くなるのだと思います。

謎解き、完了です!

卵の食べ方のオススメは

卵の食べ方のオススメは

ちなみに古い卵ほど硫化水素が発生しやすいようです。

これはpHがアルカリに傾くほど硫化水素が発生しやすいことが理由のよう。

また、生卵はアビジンやオボアルブミンの問題がありますので、これもまた推奨はしにくい。

というわけで一言にまとめると

「卵は調理するか半熟卵で食べるのがオススメ!」ということになります!

卵は最高の栄養食と言われます。

ぜひ賢く食生活に取り入れてみてください。

それではまた。

<PR>

『LINEパーソナルサービス』をしています。

ダイエット・フィットネス・栄養・健康・体質改善等、それぞれ緻密なヒアリングのもと、個人に合わせた指導を行なっています。

お申し込みは Twitter の DM もしくは下記メールアドレス

sakato0927@gmail.com

にお願いいたします。

詳しくは下記ページにて。

https://www.sakato0927.com/entry/2020/09/15/132235

<PR>

サカトの 有料note はこちらにまとめてあります。

https://note.com/sakato0927

「体重を増やす方法」

「慢性下痢対策」

「花粉症対策」

「無気力対策」など

健康オタクとしての知識と経験をフル動員して書き上げた自信作ばかりです。

無料情報では得られない最高の効果を得たいという方は、ぜひ覗いてみてください。