健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

積んだだけのブロックを、セメントを使わずに固定する方法【プライベートジム改良 DIY】

f:id:sakato0927:20190511151113p:plain

仕事柄ブロックが無料で手に入る


造園・外構業という仕事柄、余り物のブロックが常に手に入ります。


f:id:sakato0927:20190511143633j:plain:w150 f:id:sakato0927:20130329140509j:plain:w150


これらを何かに利用したいという思いがずっとあったのですよね。

何かの嵩上げなんかには最適ですし、ひとつ12~15kgくらいあるので重しにも使えます。


もちろんちゃんと施工すれば壁にもなるしなんでもできるわけなんですが、

私はあくまで気軽に使いたいという気持ちがあるわけです。

セメントをつかいたくない


「気軽に」には2つの意味があります。

ひとつはセメント(モルタル)を使わないということです。

セメントを使うということは、水を使うということですから、

もう全然気軽ではありません。

使うと周りも汚しますし、いろいろと気を遣わなければいけません。

固まってしまえば、もう形は変えられません。

やり直し可能な方法でやりたい


もうひとつの意味は、やり直し可能な方法でやりたいということです。

もちろんセメントを使うということはやり直し不可ということです。

接着剤なんかもダメですね。

素材の再利用ができません。

セメントいらずでやり直し可能な方法


縦に積み上げただけのブロックは、例えば横から蹴りを入れると、バラバラに崩れちゃうわけです。

蹴りまでいかなくとも、互いが固定されていないので少しづつズレていきます。

ちょっと危険ですね。

これをどう、気軽に固定するかです。


私の考えは、こうです。


・硬い棒をブロックの穴に差し込めばいい

・しかし、ちょうど良いサイズの棒なんてない

・細い棒を入れて、その周りに何か詰め物をすれば、近い状況が作れるはず


というわけで、やってみました。


鉄筋をブロックの真ん中の穴に差し込んで、その周りに梱包材のプチプチをしっかりと詰め込みました。


すると、ある程度固定されたのです。


しかし、鉄筋が密着していない側は、まだゆるくて完璧ではなかったので

鉄筋を2本差し込んで、それらを両側に押し付けるように間に梱包材を押し込んでみました。

すると、バッチリです。

f:id:sakato0927:20190510175045j:plain:w300


この写真では3段ブロックを積んでいるのですが、

横から押してみても、その3つが一体となって崩れません。


このやり方なら、梱包材と鉄筋を抜けばまたバラすことができます。

おわりに


最初はプチプチではなくて、新聞紙で考えていたのですが、

「プチプチのほうが圧力ありそうだし、屋外でも使えるのでは?」

という意見を頂き、変更しました。


なかなか、気に入っているやり方です。


これのおかげで EZバースタンド が DIY できて、嬉しい限りであります。


f:id:sakato0927:20190504164457j:plain:w600


いいプライベートジムになりましたね・・・(笑)