健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

鬱期にはブログが捗る件について【プチ鬱対策と脱出法】

f:id:sakato0927:20190516112222j:plain

気分の浮き沈みはどうしてもある


人間、気分の浮き沈みはどうしてもあります。

みなさんにもあることと思います。


季節の変わり目の寒暖差や、アレルギー。

女性だったらもちろん、男性にも生理周期というものがあります。


どうしたって、鬱期がくることは避けられません。

躁期は特に何も考えなくてもいい


躁期、というか問題ない時期は特に何も考えずに過ごして問題ありません。


人と関わるのもあまり嫌じゃありませんし、

新しいことも始めますし、

継続していることも問題なくやれる感じです。


逆に鬱期になるとどれも不適なように感じられます。

人と関わるのが極端にうっとうしくなりますし、

ほとんど何のやる気もでません。

鬱期にはどうすごすべきか


そんなときにどのように過ごすべきか、というのは

誰しもが考えておくべきトピックなのではないでしょうか。


どうせ来ることがわかりきっているのです。


今調子が良くてもそのうちやってきます。

なんとなくで過ごしていてはもったいないです。


ああすればいいのではないか、こうすればいいのではないかと試行錯誤してみるべきです。

自分のやり方を見つけよう


そして自分のやり方を見出します。


私の場合、過去を思い返せば大体

犬を連れて散歩する

本を読む

という感じだったように思います。


今ではそれがブログに変わったんじゃないかと思っています。

散歩も読書も、要するに頭を整理しているのだと思うのです。


それらが、バージョン・アップしてアウトプットであるブログとなったのだろうと。


鬱期だから仕方なく書くというのではなく、

「おっ、ブログの時期が来たね!」

という感じです。


むしろ何かにハマっているときは、面倒でブログを書く気があまり起きにくかったりします。


なぜか、人よりも頭を整理する時間が私は多く必要なようです。

まぁ、それも書く才能ですね(と信じる)。

他の人はどうしてるんだろう?


みなさんは鬱期をどのように過ごすのでしょう。


「そんなもの無い」なのか

「気づいていない」なのか

「あっても無視」なのか


「友達に電話する」なのか

「パートナーに甘える」なのか

「パーっと遊びに行く」なのか


「好きな映画を見返す」なのか

「大自然に出向く」なのか

「(村上春樹的に)掃除や料理を丁寧にやる」なのか


気になるところです。


私は自分一人で完結できるものを選びます。

でないと他人任せになってしまい、結果が不確実なものになってしまうからです。

おわりに


これらはあくまで「プチ鬱」の話です。

「ガチ鬱」は私の範疇ではありませんので悪しからずm(_ _)m


いろんな方法を並べましたけど、

多分一番やばいのは

そもそも気づかないこと

だと思います。


どんなときもアンテナだけは、張っておきましょうね。




うつ消しごはん―タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる!

うつ消しごはん―タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる!


ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方


ドーパミンプラス

ドーパミンプラス