健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

【マンガ感想・ネタバレ】『バキ道 1巻』【スモウのやつ】

ひょっとして、もう読むのやめてます?


バキ道 (少年チャンピオン・コミックス)


刃牙シリーズ大好きアラサーです。

刃牙はもはや基礎教養ですよね。


今回、『バキ道』1巻を読了したので、ご紹介します。


『バキ道』のテーマはご存知のように「スモウ」です。


1巻では

相撲の起源の話をしたり

ボルダリングをしたり

愚地独歩と(あと加藤と)スモウをとったり

しています。


あなたは「もうスモウのやつは読んでない」派ですか?

それは・・・損してるかもよ!?

とりあえず流行りのスポーツ書いとけ


ボルダリング・チャンピオンが出てきます。


「とりあえず流行ってるからボルダリング書いとくか」感がありますね。


しっかり流行も取り入れていますね。


でも確かに、自分の好きなスポーツを刃牙にやって欲しいっていうの、すごくありません?


一体どういうことになっちゃうの!?っていうね。


個人的にはバスケやって欲しいですねぇ。


絶対ドリブルしないだろうなw


ボール持ったらいきなりゴールめがけて跳躍すると思う


「相撲のことは考えないようにしていた」


愚地独歩さん、いままで相撲のことは見て見ぬ振りをしてきたそうです。


いいですね。


なんか盛り上がります。


「あの独歩が内心ビビってたのか!?」的なね。


でも、あれ、地下格闘技でも力士出てきてたような・・・?


「やつはわれら角界では最弱」

みたいなことですかね。




待ち時間に読みたいコミック No.1 説


なんでもない待ち時間に読むものって、刃牙シリーズが一番向いているんじゃないでしょうか。

こんなに「どこから読んでも楽しめる」マンガありますか?


筋を追って熟読するほどのことはないんだけど、

やっぱり結末は知りたいし、ついつい手に取っちゃう。


散髪に行った時の予想外の待ち時間とか、

急にコンビニで時間を潰さなくてはならなくなった時とか、

ほんと最適ですよね、刃牙シリーズ 笑


ちょっと部分的に読んだだけでも、友人と軽く話で盛り上がれるマンガは貴重ですよ


そんなマンガ他にありません!