健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

【超重要】「ボトルネック」という捉え方を理解できると、一気に頭がよくなりますよという話【ドベネックの桶】

【超重要】「ボトルネック」という捉え方を理解できると、一気に頭がよくなりますよという話

どうもサカト(@Sakato0)です。

今回はとある超重要な概念・・・ものごとの捉え方、のお話です。

タイトルのとおり「ボトルネック」という概念になります。

この概念を理解するだけで、当ブログでもたびたび扱うような健康関係のヤヤコシイ話も、一気に理解しやすくなると思います。

「ボトルネック」という捉え方は、それほどに重要で有用です。

ボトルネックとは何か

ボトルネックとは何か。

具体例をひとつだすと「瓶をひっくり返したときに流れ出てくる水の勢いは、瓶の一番細い部分の太さによって決まる」ということです。

ボトルネック - Wikipedia

瓶の首が途中でいくら広くても、最後が絞られていたら結局はそこで水の出るスピードが決まりますよね。

イメージできますでしょうか。

瓶の首以外の部分をどうしようが、「最も細い部分だけで」決まってしまう、というところがポイントです。

ドベネックの桶

私が「ボトルネック」というときにイメージしているのは実は「瓶」ではなく「桶(おけ)」です。

これは「ドベネックの桶」といわれます。

リービッヒの最小律 - Wikipedia

このイメージをぜひ覚えてください!

「桶にどれくらい水がたまるか」は「いちばん低い板が決める」ということです。

これ、物事を理解する際にめちゃくちゃ有用です。

いちばん低い板に気づかない限りは、たとえ他のすべての板を伸ばしても、水の量は一切増えません。

この怖さ、わかるでしょうか。

以下、「ドベネックの桶の一番短い板」のことを「ボトルネック」と呼びます。

ドベネックの桶の罠【この記事で言いたいことはココ!】

人がよくつまずく、間違った考え方のパターンがあります。

それは、

  • いちど解消したボトルネックにいつまでもこだわってしまうこと
  • です。

    「ボトルネックが解消された」ということは、別の角度から見るとこういうことです。

  • ボトルネックが別の板に移った
  • もう、視点を移さないといけないのです。

    抽象的な話になってしまいましたね。

    では具体的な例を出してみましょう。

    「健康レベル」はボトルネックで決まる!

    当ブログらしく、健康で例えましょう。

    一日で30g程度しかタンパク質を摂取してなかった人がいるとすると・・・

    タンパク質不足がボトルネックになっています。

    ここでプロテインを導入すると、それだけでもかなり健康になりますね。

    それだけで筋肉が増え、体重が増え、冷え性が治り、爪や髪がキレイになったかもしれません。

     しかしだからといって、さらに倍のタンパク質を摂取しても、うまくはいきません。

    もうボトルネックは他に移っています。

    腸内環境だったり、ビタミンだったり、水分量だったり。重金属汚染や身体のゆがみかもしれません。

    このとき確かに、「タンパク質摂取がかなりいろんな不調を直した」のは事実です。

    「タンパク質不足が万病の原因である!」と言っても、間違いではないのです。

    しかしだからといって「タンパク質摂取」が唯一神なわけではもちろんありませよね。

    注目してほしいのは、「○○があらゆる不調の原因である!」と、すべてにおいて言うことができるということです。

    水不足だって、ビタミン不足だって、全部言えます。

    「水不足があらゆる病気の原因」「ビタミンの枯渇が現代病の真犯人」「糖質過剰が慢性疾患の犯人」などなど

    あらゆる表現が決して間違いではない。

    しかし真実は、「単にそれがそのときはボトルネックだった」というだけのことです。

    これが「ボトルネックの構造」なのです。

    ボトルネックのあとがき

    イメージできましたでしょうか?

    何のことはない「ぜんぶ大切」という話でしかないのですが、これが深いのです。

    「ボトルネックはどこだ?」という視点が常に大切になります。

    このことがわかっているだけでも「健康のことはわけがわからん!」という状態からは脱することができるのではないかと思います。

    何かで劇的に健康レベルが改善されたとしても、それが唯一の魔法ではないのです。

    ただ、それがボトルネックだったという話にすぎません。

    魔法はないのです。

    あえていうなら、その人のボトルネックを的確に見抜くことができる人が、「魔法使い」ですかね。

    ただその「魔法使い」は、「魔法はない」ことを完全に理解しているわけですが。

    <PR>

    私が虚弱体質からいかにして、健康優良ガイになったかの全てを書いた有料note 『ガリガリ下痢ピー虚弱男が、1ヶ月で筋肉を10kg増やしてイイ男になるための完全ガイド』 を公開しました。

    痩せ型で、太ったことがない。食べても太らないか、たくさん食べると下痢をする。男なのに末端冷え性。無気力で寝てばかり・・・。

    何を隠そう、かつての私がそうでした。

    そんな私と似たような状況にある人を放っておくことはできません。

    この note は私が生来の虚弱体質を克服するために試行錯誤したことのすべてを書きました。

    ブログでは書いていない部分もたくさんありますので、私のブログの読者さんでも楽しめる内容となっています。

    また、この note に書かれてあることを実践して効果が出た!という方はぜひご一報ください。大変励みになります。

    どうか、よろしくお願い致します。