健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

挿し木してみたよ【所要時間1時間未満】

f:id:sakato0927:20190513110628j:plain


とりあえず、所要時間数十分程度でさくりと初挿し木してみました。


挿し穂鉢を用意


とりあえず、挿し穂用の容器(挿し穂鉢と呼ぼう!)を用意しました。


500ml ペットボトルのラベルを剥がして、水を半分程度入れます。

そこに発根促進剤『メネデール』を・・・

1Lの水にキャップ1杯分とのことなので、

500mlの半分ですからキャップ 1/4 程度を入れます。


それで完成です。

最初はペットボトルをハサミで切ろうかとも思いましたが・・・

よく考えたら切らなくても、そのまま飲み口に挿し穂できます。


むしろ500ml ボトルそのままで水多めのほうが

挿し穂が倒れにくくていいかな

と思いまして。

適当に庭をウロウロ


「さて、どいつを挿し木してやろうか」

と庭をウロウロ。

まず目についたのはアジサイです。

アジサイの伸びた部分を適当に切って、

一番上の葉の残してカット!

残した葉を半分にカット!

挿し穂鉢にうつして終わり!


細かくはいろいろツッコミどころがあるのかもですが、

とりあえずそんな感じでやってみました。


次に目についたのはモミジ。

モミジもまったく同じようなノリで挿し木してみましたが・・・


後から調べると(やってから調べる男)、

モミジの挿し木は難しいらしいです。


まず適期が11月(え~??)!


適期にやるとしても、成功率が低いので

たくさんの挿し木を用意して、うまくいったやつを使う

という方法を用いるそうです。


1本しかやっていないし、まず失敗でしょうね 汗

おわりに


とにかく

挿し木をするときはできるだけ多くの数を用意しよう

という教訓を得ました。


確率的なアプローチをすべしです。


幸いにもペットボトルはいくらでも手に入りますので(外でのプロテインシェイカーとして毎日買うので)

問題はなさそう。

ただ、たくさん用意するとなるとペットボトルを

スタックしたい(重ねて小さくまとめたい)

という欲求がでてくるなぁ。


口が広く、テーパーがついていればスタックできるんでしょうけど・・・

そういう、細かい要求を満たそうと思うと、市販品を買わないといけなくなるんでしょうねぇ。


大和プラスチック ロックウールポット75 4個入

大和プラスチック ロックウールポット75 4個入