健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

完全初心者が適当にボルダリングジムに乗り込んで感じたこと10選

完全初心者が適当にボルダリングジムに乗り込んで感じたこと10選

どうも!サカト(@Sakato0)です。

先日、ボルダリングジム「OWL」に行ってきました。

初心者感を背中ににじます友人

めちゃめちゃ良かったので軽く紹介しつつ、完全初心者の私が感じた10のコトをシェアしとこうと思います。

「ボルダリング行きた~い」と思いつつ全然行っていない人は、この記事を読んで、グーグルで近所のジムを探して、サクッと行っちゃいましょう。あなたを後押しできる内容になっていると思います。

前々から「ボルダリングやりたいやりたいボルダリング」と友人たちと言い合っていたのに気づけば行かないまま3年くらい経過していたので😅

「おい!いつ行く!?はい今決めよう」という勢いで決めて、グーグルマップでジムを適当に調べて乗り込みました。

完全初心者がボルダリングジムに乗り込んで感じたこと

7つ目くらいからはだいぶ無理やり10個出した。

その1:ちょっと怖い

あたりまえなんですが、高いところによじ登っていくわけですから、ちょっとした恐怖感はあります。

もちろん下に超分厚いクッションが敷かれてますので、落ちても大丈夫なんですが、それで恐怖を感じないかと言うとそんなことはないわけで😳

この恐怖感がほんとにちょうどいい塩梅で、精神的にハイになるんですよね(笑)

脳汁が出ますので、これはハマる系です。

筋トレで言うところの

「チンニング(懸垂)はアドレナリンが出やすい」

のと同じですね。体が安定したマシンよりフリーウェイト系のほうが、動物の本能的にスイッチが入る!

その2:ゆっくり取り組むべき

初心者がゆえに、不必要にテンションが上がってしまうのでどんどん登りたくなります。

が、もっとゆっくりしたペースで頭を使いながら登るべきなんだろうなと感じました。

ゆっくり休みながらやってください!

と何度もインストラクターのお兄さんに言われたんですが、なかなか難しい(笑)

私は最初の30分で腕の力を8割使い果たし、ヘロヘロになってしまいました・・・

その3:ボルダリング専用シューズが意外!

OWLさんでは専用のシューズのレンタルができます。

さっそくレンタルして使ってみたのですが、かなり意外な仕様になっていまして。

つま先をちぢめて、常時立てて使うようになっているんです。

そのつま先で、壁のとっかかりを蹴るということみたいで、シューズがめちゃくちゃキツくて驚きました。

1時間もすると慣れてないから痛くて・・・、クライミング毎に脱いで休憩しました。

その4:人生初チョーク

人生初(?)チョークしました。

あの、野球のピッチャーなんかが手につける滑り止めの粉です。

最初はものすごい遠慮してちまちま粉をつけちゃうんですが、ガッと手を突っ込んでつければ良しです。

周りの床や服がチョークで汚れるのはもう当然のことだそうで、服のチョークも洗濯で落ちるとのこと。それでも遠慮してしまいますがw

手汗があると滑るからボルダリングは不利になるそう。手汗がめちゃ多い人はちょっと多めにチョークがいりそうですね。

その5:筋肉痛ワロタ

普段筋トレやらHIITやらで鍛えている私ですが、やっぱり使う筋肉が全然違います。

握力・前腕の筋肉痛が半端なかったです。

筋肉痛がとれるのに3日かかりましたw

それ以外の部分は全然、疲労感も筋肉痛もなく無事でした。やっぱ握力は使いますね。そして筋トレはあまり握力使ってないですね。ダンベルの使用重量が軽いんですかね😂

初日はどうやっても筋肉痛は避けられないと思いますので、そこは覚悟しておいたほうがいいと思います。

その6:手を使うんじゃない

インストラクターさんのアドバイスで一番「なるほど!」ってなったのは「手ではなく脚を使う」というところ。

手の力で体を持ち上げていたらダメで引っ掛けている足で蹴ったり、体重移動を使ったりするのだそう。

「なるほど極意ですね~」とか言いながら、やってみましたが全然できませんでした。

その日私は100% 手の力で登りました。

その7:オシャレ

ボルダリングって、やっぱオシャレです。あのカラフルな壁は映えます。

そして OWL さんは半端なくキレイでオシャレなジムでした。インストラクターさんも文句のつけようがない優しいイケメン。

筋トレ界とはまた雰囲気がちがくていい感じです。

その8:けっこう遅くまで遊べる

OWL さんは平日は23時までやっているみたいです。

夜までがっつり遊べるのは嬉しいですね。夜の過ごし方のひとつの選択肢が増えました。

ちなみに当日は「ボルダリング→メシ→筋トレ」というハードメニューでした。次の日ヘロヘロでしたが(笑)

その9:用意するものが全然ない

持っていくべきものは、ほとんどないです。

危険じゃない服装でさえいれば始められます。

飲み物も自販機がありますし、タオルくらいはあったほうがいいと思いますが、ほんと何もいらないです。

思いつきでパッと行ってもなんとかなるレベル。ただ、伸び過ぎの爪はNGかも。

その10:たぶん、ストイック

これはまだ予想ですが、レベルが上がってくるとワイワイ系ではなくストイックに壁と向き合っていく感じになる思います。

ボルダリングはそういうタイプのスポーツが好きな人のほうがハマりやすいんじゃないかなぁと思います。

マラソンとか筋トレのグループかなぁという印象。

初心者のボルダリングのあとがき

なにせ、適当に決めて行ったジムが「いきなり当たり」で良かったです。

ジム使い放題は月9000円とのことなので、少なくともしばらくはビジター利用がメインになるかなぁ。ちなビジター利用は1500円でした。平日13:00にジムに行けば10時間も遊べますよ(笑)

お金が欲しいです。

おわります。