健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

サウナの効果って健康的にどうなの?

サウナの効果って健康的にどうなの?

「サウナは身体にいいって聞くけど実際のところどうですか?」

「サウナはダイエットになりますか?」

「そこのところ詳しく教えて!」

という要望に答えます。

この記事を読むとこんな素敵な感じに。

  • サウナがどう健康的かがわかります
  • サウナの現代的な位置づけがわかります
  • 運動との関係性がわかります

この記事を書く私は元虚弱体質・現健康優良児の健康オタク。

これまで数百万円以上かけつつ失敗しつつ、自身の身体のあらゆる不調を独学で改善してきました。

大学では理学部でして、理詰めで考えるのが大好きです。

サウナってどうなんだろな・・・ってのは前々から思ってまして。

「すごく良いものだったら習慣化するぜ」と思いつつ、がっちり調べてみました。

サウナに健康効果はあるのか?

サウナに健康効果はあるのか?

 結論:あります

ざっとこんな感じ。

  • 認知症・アルツハイマーのリスク低下*1
  • 心血管系パラメータの改善*2
  • 風邪予防*3
  • 汗による重金属のデトックス*4

素晴らしいです。

だがダイエットに効くとは言ってない。

心血管系改善は当然ながら、血液循環がよくなることによってもたらされる効果です。

認知症もそうで、要するに脳への血流がよくなった、ということ。

風邪予防はちょっと謎ですが、デトックスは大量の汗によって重金属排泄が期待できるとのこと。意外にも。

素晴らしすぎる!健康オタクのお前もサウナを習慣とすべき!

という気持ちはわかりますが、ちょっと考えてみたい。

それらの効果は、本当にサウナから「しか」得られないものでしょうか?

サウナ VS 運動

サウナ VS 運動

サウナって要するにこういうことです。

  • 身体が熱くなって
  • 血が巡りに巡って
  • 汗が吹き出す

では、ガチの筋トレやスポーツはどうでしょう。

  • 身体が熱くなって
  • 血が巡りに巡って
  • 汗が吹き出す

同じですよね。

もちろん、コルチゾールの分泌による免疫低下問題*5もありますが・・・

それはサウナだって同じことのはず。

長時間高温にさらされ続ければストレスになるのは自明です。

ということは、つまりこういうことです 👇

 サウナとは、運動の代替手段として最高のものである

筋肉は鍛えられないが、心血管系・心肺機能+α に関して、運動に近い効果を得ることができる。

運動をすることができない状況にある人にとっての、素晴らしい代替手段である。

ということが言えるわけです。

サウナ健康効果の感想

サウナ健康効果の感想

これはもちろんお風呂にも当てはまる話です。

入浴やサウナには身体の清潔を保つだけでなく、運動の代わりという機能があったということですね。

というわけで、サウナは素晴らしいものだなと思います。

とはいえ、若くて怪我もなく病気もないような人間が「健康のためにサウナに行こう」っていうのはちょっとどうかなと。

好きで行くのならいいですが、健康のためとなると圧倒的に運動のほうが上位互換です。

甘えてないで筋トレしましょう。
運動できない身体になってから後悔しても、遅いんじゃないかなと。

すごく冗長になってしまうので余談としますが、筆が止まらないので・・・もっと踏み込んで書きます(笑)

「でも、筋トレでサウナほど汗かくか?」

という話です。

そう言われると確かに、筋トレではサウナほどは汗をかかないでしょう。

「汗の量や体表の血の巡り」に特化して考えると、サウナのほうが上ですね。

とはいえ、意図的に暑い環境で筋トレすればまた別です。

おそらくサウナ並か、下手したらもっと汗をかきます。

体表の血の巡りも凄まじいでしょう。

ただ!それでは筋トレ自体の強度が下がることになり、サウナ効果をプラスできる分、筋トレ効果は下がります。

表にしました!(笑)

種目 筋トレ効果 サウナ効果 備考 総合点
筋トレのみ 100 80 180
サウナのみ 100 100
高温筋トレ 60 100 危険(-30) 130
筋トレ+サウナ 100 100 長い(-50) 150

極めて個人的な得点ですが、ともかく・・・筋トレがコスパ最強ということで。

また、実はこの記事の考察はまだ大切なことが抜けています。

水風呂が抜けているサウナなどサウナではない。整わない。

と言われるとそれまでです。

水風呂はまた別の話になりますので、そのうち考えてみようと思います。

というわけで、結論はいつもどおり。一緒に筋トレしませんか?