さかとの成長あるのみ!

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食ブログ

ベストな保湿方法はどれだ?【個人的ランキング ベスト3】

f:id:sakato0927:20190225211001p:plain

パレオさんのブログによるとアメリカ皮膚科学学会は肌の保湿にはワセリンを推しているそうな。

スキンケアは結局のところとにかく低刺激で保湿ができればなんでもいいわけで、それ以外はほとんど意味なさそうというのがパレオさんに限らず最近は割と共通の見解のように思います。


化粧水とかほとんど意味がなく、オイルで水分の蒸発を防ぐのが全てである


メンタリスト DaiGo さんは肌の保湿にココナッツオイルを用いているとのことで、

もちろんワセリンでもいいし、ニベアでも構わないとのこと。


要はシンプルなもので十分で、無駄に高い金額を払う必要はないよということ。

まとめるとスキンケアはお風呂あがりに低刺激のオイルを塗るだけでいいわけです。


このあたり、おおむね「かずのすけ」さんの意見とも合致していると思われましていい感じです。

かずのすけさんはセラミドを推していたり、微妙な違いはあるものの


低刺激なオイルで保湿こそがスキンケア


だという意見は共通していると思われます。


で、ですね。

その考えにもとづいて定評のあるオイルが3つあるわけですよ。

・ワセリン

・ココナッツオイル

・馬油

の3つです。



じゃあ、この3つの中ならどれがベストなのかなと。

すべてを実際に使ってみました。

その経験から、個人的にこの3つをランキング付けしようと思います。


フツーはコスメマニアの女子とか、美容系のブロガーがこういう記事を書くんでしょうが

私はただの面倒くさがりのおじさんです。

でも逆にステマ無しのリアルで堅実な意見が言えると思うんですよね。



前提として、基本的な性能はどれも差を感じてません。

おおまかに言えば「どれも問題なし」です。

ですのでこれはもっと細かいところでのランク付けですね~。



まず第3位。


ココナッツオイル




ココナッツオイルは大きな欠点がありまして。

それは冬場は常温で固体になる

ということです。

夏はイメージどおりの液体のオイルなんですが

冬に寒くなってくると白くかたまっちゃうんですね。

そうなると、小さな容器には入れられません。

上記の商品のように大きな容器に入れておけば、蓋を開けて手を入れて爪でこそぎ取って使うことができるので問題ないですが。

小さな容器に入れていた場合、熱で溶かすまでオイルを取り出すことができません。

ですので、冬は持ち運びができないんですね。


それが私の場合は3位の決め手ですね。

頻繁に旅行する(したい)ので、携帯性はとても重要です。


ココナッツオイルの甘い香りが私は好きですが、

香りには好みがありますのでここは人によるでしょう。

加点要素としては微妙なところです。


また、これら3つの中ではココナッツオイルは刺激になる可能性も一番高いのも微妙にマイナスです。

一方でオイルの伸びはとても良く、液体状態であれば使い勝手はいいです。



第二位


ワセリン


ワセリンHG

ワセリンHG



ココナッツオイルと違って冷たくても固まりませんので、その点で2位です。

ただ何と言ってもワセリンはちょっと伸びが悪いんですね。

持ち運びや取り出しに難はないのですが、塗る感じはちょっといまひとつです。

けっこう独特の塗り心地です。

私はちょっと嫌いな質感ですね。

慣れていないと塗りすぎると言われています。

個人的にも、あまりその点が好きになれません。

なので2位ですね。



第一位


馬油


ソンバーユ 無香料 70ml

ソンバーユ 無香料 70ml



というわけで馬油が一位です。

上記2つのデメリットが馬油にはない。

寒くても固まらず、また伸びが良い。

それが全てですね。

値段はワセリンより高いですが、そもそもガンガン減っていくようなものではないので気にならないと思います。



どれも良いのですが、ココナッツオイルとワセリンはそれぞれ欠点があるのでその分マイナス。

その点馬油は欠点がない!

塗り心地も好きです。

というわけで私の中では不動の1位。



余談ですが

人にこの話をしてみたら、

「馬油はビンよりチューブタイプのほうがいいよ」

と教えてくれました。


たしかに、私は長いことビンタイプの馬油を使ってましたが、

衛生的にはチューブタイプがベストですね。

ビンタイプは指を突っ込みますから、雑菌の繁殖のリスクがあります。

チューブなら指を突っ込むどころか中身が空気に触れることすらほぼありません。

特にデメリットもありませんし、

考えてみればチューブは上位互換ですね。


ソンバーユ 液 無香料 55ml

ソンバーユ 液 無香料 55ml



以上になります。

私はスキンケアに関しては、引き続きひたすら馬油を使い続けることになりそうです。


食べ物同様、私はちょっとでもおかしなことをすればすぐに荒れる肌質です。

ついこの間も、なんとなく「湯船に顔をつけて息を止める」ってのを繰り返して遊んでたら、

次の日から吹き出物が噴出しました。

熱の刺激がダメだったのかなんなのか知りませんが。。。

そんな敏感肌の私が使ってるものですので、これらが低刺激なことは保証できるかなと思います。


それではまた