さかとの成長あるのみ!

地方在住アラサー男2代目社長兼 筋トレ健康オタクSakatoによる雑記雑食ブログ

テキストでの学習に疲れたら、動画を活用しましょう【疲労度に合わせてメディアの選択を】

学習意欲はつよくある。
どんどん勉強して、人生のステージを上げていきたいと思っている。
でも疲れてくると、TVをだらだら見たりしてしまう・・・。
疲れた状態でも学び積み重ねることが可能ないい方法は無いだろうか。

そんな向上心のあるあなたに。

疲れてても、意味のあることがしたい


ある程度疲れてくるともうアウトプットはできないような状態になりますよね。

でもそうなってもまだ何か・・・意味のあることがしたかったりするんですよね。

私もそうなるとよく、その状態でもできることを探したりします。

部屋の掃除ならできるな、とか・・・。

テキストは案外負担が大きい


もちろん読書みたいにテキストをインプットするのは素晴らしいのですが、テキストって結構疲れるんですよね。

必要な情報を選別してスピーディに情報を捕捉するのには、テキストが最高のメディアであると考えていますが、

その分、脳への負担は大きいです。

疲れているときにはなかなか厳しいものがある。

本だろうとタブレットだろうと「めくる」ことが必要ですし、ブラウザでもスクロールしたりとか、手放しではできません。

こういったことも、地味に脳の負担になる一因です。

動画を利用しよう


ですので、こういった場合は「動画」による学習をおすすめします


疲れてようが、ヤル気がなかろうが、TVやYoutubeはいつまでもダラダラ見れますよね?

疲れて途中でやめるなんてことはまずありませんよね。

それほどに動画というものは脳へ負担をかけないメディアなのですよ。

疲れてもはやテキストでインプットすることすら難しいとなれば、動画を使いましょう。


ただしそこでただTVから流れてくるものをダラダラ見るのでは学習になってません。

何を学ぶかをはっきりさせておいて、ある程度ピンポイントで情報を取りに行くのです。


とはいえ疲れている状況を想定しているわけですから、あまり検索などの手間をかけるのはうまくありません。

ですので、ベストなのはYoutubeで質の高い学習系のチャンネルに、予め登録しておくことです。

チャンネルから提示される動画から、必要なものをチョイスして視聴すればいいのです。

検索に比べて受動的なアクションですから、圧倒的に楽です。


こういった状況を作っておけば、疲れている時間帯も有効に活用できます。

何となくTVを見る時間に比べればすいぶん意義のある時間になることでしょう。


私が最近気に入っているチャンネルにブライトサイドというものがあります。


TVの長ったらしい健康番組より圧倒的に時短で情報が得られます。

「いよいよ疲れてなんもできねぇ」っていう状況にはバッチリです。

そういう状況のためのチャンネルをいくつか見つけておくと、日々の学習効率UPしますよ。

まとめ


・疲れたときは動画を活用するといい

・テレビだと無駄が多すぎる。Youtubeを活用しよう

・ブライトサイドのように、質の高いチャンネルを見つけておこう