健康のためなら死んでもいい

健康コンサル兼バイオハッカー「サカト」のブログ

私が常にビタミンC を大量摂取する理由3選【ラット実験を参考に理想の摂取量を考察】

私が常にビタミンC を大量摂取する理由3選【ラット実験を参考に考察】

どうもサカトです。

今回は『私が常にビタミンC を大量摂取する理由3選』を書こうと思います。

「ビタミンC を摂取する理由」ではなくて「常に大量摂取する理由」です。

実験を元に考察します。

元ネタはこちら👇

山本義徳業績集『ビタミンのすべて』より引用

ラットの肝臓が1日に作るビタミンCの量を体重60kgの成人男性に換算すると、1、7g〜3、4gになります。

しかしストレスがあった場合、ラットが合成したビタミンCの量は人間に換算して13gにもなったそうです。

山本先生が推奨するビタミンC 摂取量はこの実験を参考にしているそうです。

私も上記から、自分の理想的なビタミンC 摂取量を考察してみました。

私が常にビタミンC を大量摂取する理由

私が常にビタミンC を大量摂取する理由

まず結論をお伝えします。

私のビタミンC 摂取目標量は 1日15g〜25g 程度です(あくまで理想ですが…)。

その理由は3つあります。

  • 私の体重は60kgを超えている
  • ラットのビタミンC は体内で合成した量であって経口摂取ではない
  • ストレスがかかったときにビタミンC のことなんて思い出せない

以下、それぞれ解説していきます。

<PR>

無料のメールマガジンも発行しています。

ちょっぴりあなたの役に立つ健康情報を、定期的にお届けします。

メルマガ限定の情報も盛り込んでいきますので、ぜひ登録お願いします

>> メルマガ『バイオハック研究所』登録ページ

私の体重は60kgを超えている

常に体重の増減はありますが、最近はおおむね70kg 程度 です。

だいたい体重60kg の1、2倍と考えると、ストレス時のビタミンC は15〜16g は欲しいことになります。

ラットのビタミンC は体内で合成した量であって経口摂取ではない

口から摂取したビタミンC が100% 体内に吸収されるということはないでしょう。

ラットの場合は肝臓で合成していますから、組織内での利用がなかったとしても、少なくともビタミンC が全身を巡っています。

ラットの肝臓で合成したビタミンC 量と比較するのなら、ヒトは「腸で吸収される量」を基準にするべきかなと思います。

ですので、もっとビタミンC の量が必要だろうと。

そういう予想です。

ストレスがかかったときにビタミンC のことなんて思い出せない

病気になったらその原因や明日からの仕事のことで頭がいっぱいになりますよね。

どこかが痛かったり、頭がぼんやりしたりして、普段通りに理性的な振る舞いができるとは限りません。

また「感染症やアレルギーのときはビタミンCの摂取量を増やすと良い」という知識を知っていても、普段から意識していないと肝心な時に忘れてたりします。

ですので、特に体に問題のない普段から、有事に備えてビタミンC の大量摂取をしておくことが理想的だろうと考えます。

無駄になるビタミンC がもったいないように感じるかもしれませんが、前回の記事でもお話ししたようにビタミンC は安価ですので全然気にすることないと思います👇

www.sakato0927.com

ストレスがかかっているときは「ストレスがかかっているゆえに」面倒なビタミンC 大量摂取が困難になります。

普段から当たり前のこととして習慣づけておくと良いと思います。

おわりに

以上、『私が常にビタミンC を大量摂取する理由3選』でした。

もちろんこれはまだまだ健康追求の過渡期の一つの意見に過ぎませんので、参考程度にお願います。

・ラット実験ではストレス下で13g 程度のビタミンC 合成

・体重から考えて私は15g 以上は摂取したい

・経口摂取なのでさらに多く、25g くらいを目標にしたい

・ストレス時はおろそかになりやすいので普段から習慣化しておきたい

しばらくこの考え方でやっていきたいと思います。

また知識がアップデートされましたらお伝えしますね。

それではまた!

amzn.to

amzn.to

<PR>

サカトの 有料note はこちらにまとめてあります。

https://note.com/sakato0927

かなり気合を入れて書いていますのでよかったら覗いてみてください!