健康のためなら死んでもいい

健康コンサル兼バイオハッカー「サカト」のブログ

ビタミンCメガドーズするなら粉末ビタミンCが安くてオススメ【年間の価格差を計算してみた】

ビタミンCメガドーズするなら粉末ビタミンCが安くてオススメ【年間の価格差を計算してみた】

どうもサカトです。

あなたはサプリメントのカプセルと粉末の使い分けをどうしていますか?

私はもともと「持ち運び重視」だったので、ビタミンCはカプセルタイプを使っていました。

しかし最近はコロナの流行や、また花粉症の季節であることもあり、ビタミンC の服用量を増やしています。

そこでふと「カプセルタイプと粉末タイプの価格差はどれくらいなんだろう?」と気になったので、きっちり計算してみることにしました。

メガビタをやっている人は復習がてら、結果だけでも確認してってください〜。

カプセルのビタミンC と粉末のビタミンC の価格差

カプセルのビタミンC と粉末のビタミンC の価格差

私のいつもの商品で比較するため、カプセルは iHerb 、粉末は Amazon からの購入とします。

カプセルは高い

まずカプセルの方が金額が高いです。

NOWのカプセルタイプのビタミンCを見てみますと

NOWのカプセルタイプのビタミンC

ビタミンC1g あたり 0,06$ 、1ドル110円としたら 6,6 円 です。

1日6g 摂取するなら1日あたり約40円です。

せっかくなので1年あたりの値段も出してみましょうか。

40 × 365 = 14600 円

年間あたり約15000円という結果になりました。

粉末は安い

では、粉末のビタミンC ならどれくらいでしょうか。

粉末のビタミンC

1kg で1200円 なので、1g あたり 1,2円 です。

1日6g として 7,2円。

一年で 2628円です。

こうみるとなかなかの価格差です。

1日6g のビタミンC を摂取する人でしたら、1年で 約12000円差。

もしポーリング博士のように1日18g とかの量を摂取するなら…

1年で 36000円 ほどの差になります。

これは地味に無視できない価格差ではないでしょうか!

ビタミンC を大量摂取するなら粉末の利用が格安

まとめます。

1日6g の摂取として

カプセルのビタミンCは年間 約15000円

粉末のビタミンCは年間 約2600円

ストレスやウイルス感染、花粉症の時期にはビタミンC の所要量がグッと増えます。

服用量が増えれば増えるほど、カプセルと粉末の価格差が無視できない感じになっていきますね。

私はビタミンC 粉末を、いつもの『キャップ付きディスペンサー』を使って持ち運んでいます👇👇

www.sakato0927.com

そして出先でビルダー飲みです。

手も汚れないし、本当に本当に便利ですコイツは。

お金も全然かからないのでぜひ参考にしてみてください。

>> marugo (マルゴ) ビタミンC 粉末 | Amazon

>> Now Foods, C-1000 | iHerb

<PR>

有料note『栄養による花粉症対策・鬼まとめnote』を公開しました。

自分で実践しつつ、論文をリサーチしまくってかき集めた13の対策を鬼解説しています。

栄養やハーブを用いて、分子レベルでアプローチする本格派です。

薬もマスクも舌下療法も一切出てきません。

「いろいろと対策を取っているものの、うまくいかない…」

「毎年のように薬を飲んでいるが、眠いし口が渇くし、もうやめたい…」

そんな方に新しい視点を提供する自身があります。

例によって実践はそう簡単でもないですが、試してみる価値は間違いなくありますよ。

ぜひ、ご覧ください。

https://note.com/sakato0927/n/nfedaf30481bb