健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

【書評】『沈黙のwebライティング webマーケッターボーンの激闘』【何も語れない体験が、実は最上】


これ読んで一回、圧倒されときましょう


沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?〈SEOのためのライティング教本〉


この世界を感じ取ろう


「webライティング」という、

知らない人はこれっぽっちも知らない世界を、

よくわからなくともざっと見通す。

どんな世界なのかを肌で感じる。


そんな目的に最適な本だと感じました。


私なんかには、全然咀嚼しきれない本です。

器が広がる「だけ」の体験


「うわぁ~!こんな世界なんだ!」

と知っている状態と、知らない状態にはものすごい差があります。


何も語れなくとも、ただただ圧倒されるだけでも、大きな価値があるんです。


アーティストのコンサート帰りのファンが、

何が良かったのなんのと嬉しそうにまくしたてるのも素晴らしい体験ですが、

「まったく知らないアーティストの曲になんだかわからないけど圧倒された」

という体験も実はとてつもなく大きな価値がある。


旅行って、今現在の自分のレベルで整然と語れるような体験を求めて行くものですか?

そうじゃなくて、なんかわけわかんないものに圧倒されたくて行くんじゃないですか?

何を語っていいのかわからないような体験がしたいわけですよ。


そんな体験をすると何かが、変わるんですよね。

少し、器が大きくなるというか。


「語って」と言われても何も語れないんだけど、器だけすこし大きくなっている(笑)

深みが出るといいますか。

なんとて、圧倒される経験って素晴らしいと思うんですよね。

圧倒されました


で、この本を読んで、

「webライティング」という世界に圧倒されました。


私は「何が良かった」などと語る段階ではありません。

「すげぇ~」って圧倒されました。

そして「数年後に読み返すのが楽しみだなぁ~」と思うばかり。


その時、この本を介して「変化した自分」を読めるわけです。

読書の醍醐味ですね。

楽しみです。



大変な良書。

沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?〈SEOのためのライティング教本〉

沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?〈SEOのためのライティング教本〉