健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

初心者が筋トレで成功するためにおすすめの本3選

初心者が筋トレで成功するためにおすすめの本3選

「これから筋トレを始めたいんだけど、おすすめの本とかありますか?」

「昔、エクササイズの本を買ったけど何の役にもたたなかった・・・」

「信用できる筋トレ本を教えて!」

という要望に答えます。

そもそも私は読書オタク(評論系)でして、筋トレを始めるきっかけの一つもたまたま読んだ本でした。

かつては月100冊以上の本を読んでいたこともあります。

ですので、本に関しては割と辛口でして・・・。
筋トレやエクササイズ本は正直ハズレも多く、適当に買ってもコスパ悪いかと思います。

初心者が筋トレで成功するためにおすすめの本

今回は私に多大な影響を与えた「筋トレ本」を3つ厳選して紹介します。

どれも半端なくいい本なので、買って損なしです。

筋トレのメリットのすべてを笑いながら理解する本

筋トレが最強のソリューションである

筋トレが最強のソリューションである

言うまでもない大ベストセラーです。

こんなにポップで楽しいのに本質的な本は他にない!

私もすでに複数人に筋トレを勧めると共にこの本を勧めてきました。

効果は・・・いつもばつぐんでした。

私自身、内容にも共感するところばかり。

あまり筋トレの技術等具体的な話はありませんが、この本を読んでいるのといないのではかなり気持ち的な差ができると思います。

ベストセラーを斜に構えて読まないのは、正直、人生損してます。
素直に学ぶべき。

>> 筋トレが最強のソリューションである | Amazon

社会で生きる男として本質的な考え方を学ぶ本

お金を稼ぐ人は、なぜ、筋トレをしているのか

お金を稼ぐ人は、なぜ、筋トレをしているのか?

筋トレソリューションに比べるとかなりマイナーな本かと思いますが。

なぜ筋トレが必要なのか?著者が見てきたビジネスの世界を辛口に語られています。

筋肉に関する理論理屈・・・というのではなく、筋トレをする男の「心構え」について学ぶことができます。

私も、実は一番大切なのはそこだと思っていまして、筋トレをしていない人には、実は見落としているものがあるのです。

この本には、綺麗ごとではない、大人の社会の本質が書かれています。

社会人の男として持つべき危機感を持つために、一読することをお勧めします。

>> お金を稼ぐ人は、なぜ、筋トレをしているのか? | Amazon

筋トレの科学的知識のすべてを苦しみながら理解する本

山本義徳業績集

山本義徳業績集
unlimited で読んでるから日付が直近になってますが・・・

そして筋トレの中身に踏み込んでいくのはこの本です。

はっきり行ってこれ以外は必要ないんじゃないかというくらい濃密でして、私自身3年間近く噛み続けてますがまだまだ味が出てきます。

著者の素晴らしさは別記事で熱く語りましたので、興味が湧いた方は読んでみてもいいかも。

>> 筋トレ初心者が栄養学を超速学習する方法 | 健康のためなら死んでもいい

これが Kindle Unlimitedなら無料で読めるとは・・・ひたすらにこの素晴らしい世界に感謝です。

>> 山本義徳業績集 | Amazon

初心者の筋トレのお共にどうですか?な本

ここからはオマケです。

とはいえ、ハイクオリティなのは保証しますので、楽しみがてら、読んでみると良いです。

体力の正体は筋肉

体力の正体は筋肉

私は立ち読みしました。

タイトルの通り。

答えというのは本当にシンプルなものなんですよね。

「疲れやすいのをなんとかしたい」とか「最近体力が落ちてきたように感じる」なんて人は、結局、筋肉が少ないんですよ。

仕事も遊びも、もっともっと楽しみたい人は、本書を一読してみるべきですね。

>> 体力の正体は筋肉 (集英社新書) | Amazon

ダンベル何キロ持てる?

ダンベル何キロ持てる?

実は私もコミックスから読んでました 笑

アニメ化したそうで、この作品が筋肉界の「けいおん」的存在になることを願ってやみません(?)

漫画としても間違いなく面白いので、ここから筋トレに入ってみるのもいいかもです。

>> ダンベル何キロ持てる? (1) (裏少年サンデーコミックス) | Amazon

正直、買ってもしょうがない筋トレ本は

最後に、ぶっちゃけ買ってもたぶん意味ない筋トレ本について。

具体的に示すのは避けますが・・・

まぁこんな感じかなと。

  • だらだらと種目の紹介だけしてる本
  • 自重トレーニングの本
  • 「二の腕」「腹筋」など部分的にフォーカスした本

賛否両論あろうかと思いますが、上記のような本は私にとってはほぼ意味なしでした。

種目の紹介は、もういわずもがな、ですよね。

youtube を見る方が全てにおいて上です。

私はその手の本はもはや、価値がなくなったと思っていますが、いまだに置いてありますね。不思議です。

部分にフォーカスした本は理屈としては面白かったり、読んでいて楽しかったりはしますが、なんというんでしょう・・・

「なるほどこういう切り口で攻めたか」みたいな、もはやマーケティングの世界って感じ。

それはそれでもちろん面白いのですが、そういう本は私の人生を変えはしなかった。

人生を変えたのは、この3冊です。

>> 筋トレが最強のソリューションである | Amazon
>> お金を稼ぐ人は、なぜ、筋トレをしているのか? | Amazon
>> 山本義徳業績集 | Amazon

少しでも参考になれば。