健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

【シャイニー薊の沼で気づいた】筋トレ的にカレー粉が最高である5つの理由

【シャイニー薊の沼で気づいた】筋トレ的にカレー粉は最高だという話

「シャイニー薊の沼づくりをやっていく中で、カレー粉が筋トレ的に素晴らしいことに気づいたぞ」

というお話。

この記事を書く私は筋トレ4年目。かつて 1 年半で 48kg→75kg の大増量とホームジム構築に成功しました。

正規の沼歴はトータル2週間くらいですね。

>> シャイニー薊さんの「沼」をつくって、沼生活をしてみたぞ | 健康のためなら死んでもいい

現在は沼から派生したいろんな食べ方をしています・・・(泥とか池とか、ただの炊き込みご飯とかw)。

この経験の過程でいろんな発見がありましたが、その最たるものは「カレー粉」という神素材の発見です。

この記事ではいかにカレー粉が神食材かを語っていこうと思います。

筋トレ的にカレー粉は最高だぞ

筋トレ的にカレー粉は最高だぞ

カレー粉が神食材である理由は以下の通り。

  • とにかくうまい
  • 実質ノーカロリー
  • 食欲増進
  • 脂肪燃焼
  • その他様々なハーブの効能

それぞれ見ていきましょう。

カレーなんだから、とにかくうまい

 異論はないと思いますがカレーはうまいです。

なにせ天下のカレー様ですから。

ラーメン・寿司・天ぷら・牛丼・・・カレーですわ。

調味料としてシンプルに、うまい。

もちろんカレールーと違って油も糖質も入っていないのでいわば「風味だけ」ではありますが。

大前提としてうまい、と確認しておきます。

実質ノーカロリー

 カレー粉は実質ノーカロリーです。

スパイス・ハーブの集まりであるカレー粉には実際にはカロリーがあるんですが、1回で使う量を考えるとゼロみたいなもの。

大さじ1杯あたりだとこんな感じ。

実質ノーカロリー *1

👆 上記の炭水化物も、半分以上が食物繊維です。

ほぼカロリーなしと考えて使ってもらって OK かなと。

もしコレがごまドレッシング大さじ1杯だったら脂質5、4g。

マヨネーズだったら、脂質11、2gです😰

食欲増進

 特にバルクアップ中には、スパイスによる食欲増進効果が嬉しい。

カレー粉で食欲を刺激しつつ、どんどん食べるべき。

夏場など、料理にスパイスを使うことで腐敗を防ぐ効果もありつつ、食欲を増進させ夏バテを防ぐこともできる。

まさにバルクアップのための調味料といえます。

コレがドレッシングやマヨネーズのように高脂質のものだと消化が悪く、カロリーは高い代わりに食欲は減退します。

バルクアップは食欲を増やしていかなければいけませんから、カレー粉が最高ですね。

脂肪燃焼

 一方ダイエット中には、カプサイシン等による脂肪燃焼効果が嬉しい。

カレー粉で脂肪を燃焼しつつ、どんどん食べるべき。

ダイエット中にファットバーン系のサプリを飲むのもいいですが、カレー粉とカフェインあたりで十分に効果がありそう。

まさにダイエットのための調味料でもあります。

その他様々なハーブの効能

その他に私が特に良いと思うのがアレルギーへの効果です。*2

パレオさんによればアレルギー性鼻炎の改善があるそうで、わりと鼻炎な私としては最高にありがたい。

他にも頭が良くなる*3など、摂取しておいて何かと損はなさそう。

効果は主にクルクミンの効果だそうで、クルクミンは吸収率が悪いのが難点だとのことですが、まぁそこは置いておきましょう。

私としては「カレー粉を摂ったらクルクミンも摂れるから最高だぜ!」ぐらいの認識にとどめておきます。

もっと「量」や「吸収率」にまで踏み込んで考えたいのなら、吸収率を高めたサプリがあるみたいなのでそれを摂取するといいかなと 👇

>> Natrol, Extra Strength Turmeric, Advanced, 60 Capsules | iHerb

ちなみに・・・

私自身、なかなか頭に入らなくてたまに他のものと混ざってしまうんですが。

 ウコン・ターメリック・クルクミンは、いわば同じものです。

ウコンは和名で、ターメリックが英語、クルクミンが成分かな。たぶん。

なぜかアルコール関係だとウコン、カレー・スパイス関係だとターメリック、サプリだとクルクミンを使いますね。

また、クルクミンとブラックペッパーを組み合わせると吸収率が UP します。

さらにクルクミンは脂溶性ですので、油と一緒のほうが吸収率が上がります。

カレー粉にはブラックペッパーが含まれてますから、カレーはまさにクルクミン摂取用の食品ですね。

筋トレ的にカレー粉最高のあとがき

筋トレ的にカレー粉最高のあとがき

というわけで、カレー粉は最高ですね。

また、ハーブ系って食事ではとれないじゃないですか。

ビタミンなんかは色々たくさん食べてたら結果的にたくさん摂れてましたってことあるでしょうが、ハーブ系はそうじゃありません。

ある程度は意識的に摂取することが大切かな、という感じ。

カレー粉にはフェヌグリークというハーブが入ってますが、これは確か昔飲んでたテストステロンブースターにも入ってました。

そこから考えても、カレー粉を常備しておいてなにかと使って食べるととても健康的かなと。

私はよく味噌汁の後半戦で使ってスープカレーにしたりとかしてますよ。

魚の缶詰なんかと組み合わせると魚油で吸収率も UP かなと。合理的です😉

あとそもそもですね、「乾物」って最高ですよ。

保存性が高く、栄養価も高く、使い勝手は最高。

通常の惣菜のように保存料は必要ないし、缶詰みたいなゴミも出ない。軽くて持ち運びも自由。

乾物は昔からあるとはいえ、実力は宇宙食です。未来的な食品。

私に乾物の素晴らしさを教えてくれたのは「魚柄仁之助(うおつかじんのすけ)」さんですが、筋トレをはじめてある意味偏った食生活になってもなお、私の中で存在感を増しています。

今見てもアマゾンレビューも非常に高く、さすがウォッカさんです。

健康と節約を両立したい方に、これ以上の教材はありませんよ。

本のオススメなどで全然出てこない名前ですが・・・隠れた神著者ですので、おすすめしておきます 👇

>> ひと月9000円の快適食生活 | Amazon