健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

【筋トレ初心者に注意喚起】怪我しないためのヒント、トレーニング種目のMAX重量についてはこう考えてください

2019/06/07 加筆修正
 
 
1RMを狙うのは危険
 
 

限界重量に挑戦する男性の画像

  

バリバリ筋トレやりたくて燃えてますか?
 
それは最高ですね。
その調子でガンガン限界に挑戦していって欲しいです。
 
ただ・・・。
水を差したくない、ほんとう~に水を差したくないんですけど、
 
ひとつ頭の片隅に入れておいて欲しいことがあります
 
 
この記事を読むと、筋トレ初心者の不必要な怪我の可能性を減らすことができます。
 
ですので、長期的に効率よく筋肉をつけていくヒントを得ることができます。
 
 
ちなみに私は 、このことをうっかり忘れてたがゆえに、いちど腰を痛めたことがあります・・・。
幸い重症には至らず、10日ほどで痛みは消えましたが、
その間はまともにトレーニングできませんし、まぁ無駄な時間ですよね。
 
そんな無駄な時間を過ごす人を1人でも救うべく、筆を取らせていただきました(笑)
 

 

筋トレ初心者が MAX 重量に挑戦するのは基本的に控えましょう

 
その気持ちは大~いにわかりますが MAX 重量に挑戦するのは、基本的に控えるべきです。
なぜなら、怪我をするから(笑)
 
「俺はベンチプレス MAX ○○キロ挙がるぜ!」
 
と言いたい気持ちは痛いほどにわかります。
 
それを「言うな!」というのではありません。
 
そんな怪我をするリスクを取らなくとも
 
「もっと賢いやり方があるよ」
 
と言いたいのです。
 

筋トレ初心者は「ギリギリ5回」挙げることを目指しましょう

 
 「賢いやり方」それは「ギリギリ5回」を目標にすることです。
 
「最大重量に挑戦する」ということは、「ギリギリ1回」に挑戦するということですよね。
それを「ギリギリ5回」に変えるのです。
 
例えば、70 kg でギリギリ 3 回しか挙がらないところを 5 回を目標に頑張ります。 
 
4回目で潰れたなら、次回は4回挙げれるように頑張ります。
 
この「MAX5回」を「5(ファイブ) - MAX 重量」だと考えてみてください(今名付けました)。
 
「MAX重量を伸ばす」のではなく、「5 - MAX重量を伸ばす」のです。
 
常に意識するべきは「5 - MAX重量」です。

 

筋トレ初心者こそ知っておくべき

 
実は筋トレのベテランになるほどに、この ことをよくわかっています。
 
筋トレのベテランは「怪我をしたくない」という理由で、めったに最大重量に挑戦したりはしません。
 
それは彼らが、今までに何度も怪我をしてきたからです。
 
怪我をしてきたからこそ、そのツラさを知っている。
 
その結果として最大重量に挑戦しなくなるのです。
 
これは筋トレの初心者も、しっかり頭に入れておくべきだと思います。 
 
 

決して「重量にこだわっていない」わけではない

 
だからといって「重量にこだわっていないわけではない」というところがポイントです。
 
重量にはこだわるべきです。
「軽くても追い込めばいい」という研究結果はありますが、実際にはそれだけのトレーニングでデカい人はいません。
結局は高重量にこだわらなければ、筋肉は育たないのです。
 
MAX重量に挑まなくとも、「ギリギリ5回」の重量を更新するべく、常に重量に挑んでいきます。
 
MAXを狙わないことと、重量にこだわらないことを混同しないでください。
 
「重量にこだわる」ことと「怪我をしない」ことを両立させると、
 
「ギリギリ5回に挑戦する」ということになるのです。
 

筋トレ初心者への「結論 」

 
筋トレ初心者も「5 - MAX重量」を伸ばしましょう
 
ギリギリ5回の重量をどんどん伸ばしていきましょうね!
 
 

世界初の動体視力トレーニングメガネ「Visionup」

 

フィット感抜群で付けていることを忘れる軽さ&心地よさ【SPIBELT スパイベルト】