サカトのバイオハック

遺伝子栄養指導者サカトのブログ

アスプリーの『ブレインオクタンオイル』はオススメか?【巷の健康商品を読みとく】

アスプリーの『ブレインオクタンオイル』はオススメか?【巷の健康商品を読みとく】

Amazon | Bulletproof ブレインオクタンオイル16オンス 473ml(最強の食事で紹介されているオイル) Brain Octane Oil 16 oz Bulletproof | Biotrakr | 食品・飲料・お酒 通販

こんちには、サカトです🙂

今回は「完全無欠コーヒー」で有名なデイブ・アスプリーの販売する商品『ブレイン・オクタン・オイル』について。

  • 結局それはなんなのか?
  • サカト的にはオススメなのか?
  • 注意点や代替品はあるのか?

などのトピックをお伝えしていこうと思います。

ブレインオクタンオイルはオススメなのか

先に結論をいうと「悪くないだろう」です。

ブレインオクタンオイルとは?

ブレインオクタンオイルとはそもそも何でしょうか。

まずはざっと公式の説明を翻訳でもして読んでみてください。

Fuel Your Day With Pure C8 MCT Oil: Bulletproof Brain Octane Oil, 32oz

まぁ何か「ケトジェニックダイエットに良いオイルなんだな」ということはお分かりかと思います🙂

一言で言いますと、ブレインオクタンオイルの正体は『カプリル酸』です。

MCTオイルの説明

ここでMCTオイルについて知っておく必要があります。

MCTオイルはミディアム・チェイン・トリグリセリドのことで、日本語では「中鎖脂肪酸」です。

脂肪酸はたくさん種類があり、炭素の繋がりの長さにかなりのバリエーションがあります。

炭素の繋がりが短いものは短鎖脂肪酸、長いものは長鎖脂肪酸といいます。

中鎖脂肪酸は炭素(C)が6〜12個までの脂肪酸のことを指します。

C6:カプロン酸、C8:カプリル酸、C10:カプリン酸、C12:ラウリン酸、です。

この中で、ケトン体に変換するのに有効性が高いのはC8とC10です。

C6は下痢しやすいとか、C12はそもそも長鎖脂肪酸のように代謝が遅いなどの問題があります。

一般的に(まともな)MCTオイルとして売られている商品は C8とC10 が多いのです🙂

まぁ、イマイチな製品はC12が含まれていたりしますが…。

ちなむとココナッツオイルはそもそも「MCT」が大した量は含まれません。

C8 だけのオイル

ブレインオクタンオイルはここからさらにC10も省き、C8だけにしたオイルということです。

その方がケトン体の生成にさらに有利なのでしょうね🙂

要するに、純粋に近いカプリル酸=ブレインオクタンオイルだということです。

さてその上で、オススメかどうかと聞かれると…

MCTとの差は未知数ながら、悪いということはないでしょう!といったところですね。

ブレインオクタンオイルはもっと安く買える

その正体がわかったところで「再リサーチ」をかけるのが『賢い(嫌な)消費者』代表のわたくしサカトです。

iHerb で「C8」とか「caprylic acid」などで検索をかけてみます。

すると…ありますあります。

 Now Foods, カプリル酸

>> Now Foods, カプリル酸、600mg | iHerb

Zenwise Health, C8-MAX、カプリル酸MCTオイル

>> Zenwise Health, C8-MAX、カプリル酸MCTオイル | iHerb

明らかに、ブ○イン○クタンオイルより安いですね🙂

粗悪なMCT商品に注意!

先日、こんなツイートをしました。

ちゃんと仕組みを理解して製造の流れをイメージすれば、こういった売り方はなんの不思議もないことだとわかりますよね。

そういうことです。

安いものを買うときは、このあたりに気をつけてくださいね🙂

有効なMCT(もしくはC8オイル)をケトのときは使いましょう!

🔽はその記述があった本です。

それではまた。