健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

コンビニでもらう「おてふき」が地味に邪魔【なので使い捨ての雑巾とみなしましょう】

コンビニで弁当なんかを買うとほとんどの場合つけてくれる「おてふき」ありますよね。

今回はその「おてふき」の話です。


まず前提として僕、おてふきを手を拭くことに使うことがまずないんですよ。

正直にいうと単純に面倒くさくて。

たいして汚れてもいないのにおてふきでちまちま拭くのが億劫です。

それに、もしものすごく手が汚れていたならそのときはもうおてふきじゃなくて、

トイレの洗面所でしっかりと石鹸つけて手洗いします。

がっつりした汚れに対しておてふきでは心もとない。


というわけで、おてふきは僕にとってなんとも微妙な存在なのです。


いちいち使うほどのものでもないし、使いたいときには頼りない。


レジで「おてふき要りません」と言うこともできますが、

それはそれで面倒です。


とりあえずもらっておいて、ゴミとして捨てる。

ちょっと感じ悪いのですが、思えばそんな感じの扱いをしてきました。

それが一番ラクかなと思って。


しかしここにも、ちょっとした面倒があります。

コンビニおてふきは「ビニールに包まれている紙」です。

ゴミとして出したかったら、ビニールを開けて紙を取り出してから、分別して捨てなければならない。


別に大した手間ではないのですが、

「なぜこんな何の実りもない作業タスクをやらなければならないのか・・・」

と感じてしまいます。

あまり気分のいいものではないですね。


予想なのですが、大半の人は

コンビニおてふきを家に溜め込んでいる

のではないですか?

YES と答えた人はの家には、おそらくお箸もプラスチックのスプーンも、

そしてコンビニのビニール袋も溜め込まれているのではないですか?


聞きたいのは

「そのおてふき、使ってます?」

ってことです。

溜め込んだおてふきをおてふきとして使う状況なんてまずなくないですか?


「あ、おてふきあるよ~、使って~」

って差し出したことあります?

その状況なら洗面所に向かいますよね、100%。


ここで

「掃除に使ってますよ ♪ 」

という声が聞こえてくるようなこないような。


そうなんですよね。

コンビニおてふきは「掃除」にかなり使えるんですよね。


私は簡単な拭き掃除にはいままでウエットティッシュを使っていたのですが、

(医薬部外品)【Amazon.co.jp限定】キレイキレイ 薬用 泡ハンドソープ シトラスフルーティの香り 詰め替え特大 800ml×2個 除菌シート付


ある時気づいたのです。

コンビニおてふきのほうが肉厚で使いやすいことに。


少なくとも上記のウエットティッシュよりは肉厚で、拭き掃除しやすかったのです。


ですので掃除用のウエットティッシュを断捨離することができました。

僕はコンビニのヘビーユーザーですから、常におてふきは手にはいります。


これをもらったらできるだけはやくに掃除に使ってしまうのです。

私は身軽なのが好きで、モノを所有することが基本的に嫌いです。

なので、おてふきも溜め込まずにどんどん使っていきます。


そうすれば、

据え置きのウエットティッシュを断捨離できて、

「おてふき要りません」と言う必要がなくて、

家に溜め込むことなく、

まめに部屋や車内の拭き掃除ができます。


「おてふきをもらったら掃除する」というルールを決めたほうが、

「週に一回はできるだけちゃんと掃除する」というような曖昧なルールを運用するよりも、

うまくいくことが多いと思います。


まぁ正確に言うと、私はそのルールを使っているわけではないのですがね。


私は手持ちのおてふきを基本的にゼロにはしません。

ゼロにしてしまうと突発的に「ここ今すぐに拭き掃除したい!」と思ったときに対応できないので・・・。


「溜め込まれたおてふき」みたいな絵面がそもそも嫌いなので、

私には常にものを減らそう減らそうという欲求があります。

ですから「おてふきをもらったら掃除する」というわけではなく、

「おてふきが多い状態が気に入らないから、減らすために使って掃除する」というのが本当のところです。


まぁ、似たようなものです。


おてふきは使い捨ての雑巾です。

ガンガン使っていきましょう。

溜め込んでも意味ないですので。


以上、なんとなく日常の中で行っている自らの判断を言語化してみました。

意外といろいろと考えているもので、面白いです。

なんとて、据え置きのウエットティッシュを断捨離できて嬉しいです。個人的には。