健康のためなら死んでもいい

地方在住アラサー筋トレ健康オタクSakatoが究極の健康を追求するブログ

足の冷えがつらくて、眠れない人~? 私の解決方法、教えます【体験談】

「昔っから冷え性で、この季節になるとツライ・・・。」

「お風呂に入ってすぐに布団に入れればいいのだけど、ちょっとタイミングを逃すと布団に入ってもなかなか温まらなくて眠れない・・・。」

「油断したらすぐしもやけ。痛くて外出する気もおきない・・・。」

なんて人、ちょっと読んでってください。

小手先の方法


「足 冷え」で検索しますと、まぁいろんな冷え対策が出てきますね。

靴下を重ねるとか、はたまた重ねちゃダメだとか(どっちやねん)。

足のストレッチだとかマッサージだとか。

夏野菜は控えるとかツボを押すとか。


うんこちゃん(クソでは言い方悪いので)みたいな情報が溢れかえっておりますが。

そういう小手先の方法で、解決!大満足したよ!って人はいますかね?

いたらごめんなさいね。

私の偏見によると、そういう網羅的ではあるけど質の低い情報で実際に問題解決できた人はいません。

解決方法とその理由


もう、解決しちゃいましょう。

はいそうですね、筋トレですね。


理由は3つです。

とてもパワフルな理由です。


筋トレをしないと、以下の現象が起こります。

1.運動量が足らず、血の巡りが悪くなる

2.筋肉量が下がってポンプ作用が弱くなり、血の巡りが悪くなる

3.筋肉量が下がって熱産生能力が下がり、体熱をつくれなくなる


体熱をつくるのは筋肉です。

筋肉がつくほど、シンプルに言って寒さに強くなります。

人体は筋肉を使うことでポンプ作用が働き、血が巡るような仕組みになっています。

筋肉が少なかったり、運動量が少なかったりすると、このポンプ作用が弱く、血の巡りが悪くなります。


簡単なことで、筋トレさえやっておけばすべて解決です。

1.運動量が十分になり

2.ポンプ作用が強くなって血の巡りがよくなり

3.熱産生能力が上がって身体が温まる

私の体験談


以上は完全に私の体験談でありまして。

すべて実際に経験済みの話です。

そのため序盤につい言葉が悪くなってしまいましたw

ほんと言いたいのは筋肉をつけてからというもの、「まじ寒くねぇ」ということです。

寒くないのがこれほど快適でフットワークを軽くしてくれるとは、今まで思いもしませんでした。

冬でもパッチ(タイツって言えばいいのかな?)が不要になりまして。

筋肉は「衣」のミニマリズムだと思う次第です。


もちろんこの記事の話題である眠りについてもバッチリです。

筋肉がついてからというもの、一回たりとも足の冷えを経験しておりません!

かつてはあれだけ苦しんだ足の冷えが、もう忘れちゃいそうなほどに消えてなくなりました。


そして、足の冷えがある方はわかると思います。

冷えがどれだけ睡眠に悪影響があるのかを。

とにかく冷えている間は眠れません。


このツラさを知っているからこそ、言いたいのですよ。

筋トレしようぜ!

ごちゃごちゃと小手先の知識や道具を揃える必要なんて全然ありません。

必要なのはひとつ、筋トレ習慣だけです。

とりまスクワットとカーフレイズからでもいい。やりましょや。

おわりに


小手先のうんこちゃんみたいな方法は正直必要ないっす。

いますぐ筋トレしましょう。